whats

ファクタリングを利用すべき3つのタイミング

       

「資金調達法としてファクタリングがあることは知っているけど、いつ利用したら良いのかわからない」
「資金調茶摘したいけど、今がファクタリングを利用すべきタイミングなのだろうか・・・」

資金調達の一つの方法として大きな注目を集めているのがファクタリングです。多くの方が利用しているのですが、実際に利用しようというときに悩む方も少なくありません。

ファクタリングは売掛金を売却する、といった特殊な資金調達法です。「現状でファクタリングを利用するのが最善なのか?」といった疑問を抱え、なかなか前に進めない方も少なくありません。

そこでこちらではファクタリングによって資金調達すべきタイミングを紹介します。
もしも該当する状況である場合にはファクタリングを利用してみませんか?

ファクタリングを利用すべきタイミング1つ目|入金サイクルが遅い時

売上はあっても、その入金が遅ければ売上の影響が出るのは当分先になってしまいますよね。
仮に現金決済で売上があった場合には、売上があった当日に会社に資金が入ってきます。資金繰りが悪化しにくい状況です。

一方で掛取引の売上ですが、入金までには通常1ヶ月から2ヶ月先となってしまいます。大きな取引があったとしても、会社の現金が増えるのは1ヶ月から2ヶ月先、となるわけです。

そこで問題になるのが入金サイクルと出金サイクル。
理想的なのは入金があってから出金がある、という状況です。
しかし必ずしもそのように都合が良い状況になるわけではありませんよね。出金がきて入金が先に来ることも多いのです。

そんなときに活用できるのがファクタリングです。
ファクタリングを利用することで一時的に入金サイクルを早められます。入金したもので出金に備えられるわけ。

入金サイクルが遅くていつも資金繰りに悩まされている、という方はファクタリングの利用を検討しましょう。

ファクタリングを利用すべきタイミング2つ目|融資による資金調達ができない時

そもそも企業の資金調達のメインの方法といえば「融資」ですよね。
銀行融資であるとかノンバンクのビジネスローンなどを利用することになるでしょう。

しかし融資に関しては、厳しい審査を突破しなければ利用できません。
その審査に何度となく落ちてしまっている、という企業もあるでしょう。業績であるとか借入状況などで、低く評価をされてしまえば借り入れは極めて難しいのです。

八方塞がりのように感じてしまうかもしれませんが、そんな状況にこそ活躍してくれるのがファクタリングです。

「融資の審査で落ちているのであれば、ファクタリングの審査でも落ちてしまうんじゃないの?」 

たしかにファクタリングも審査が行われることになります。
しかし融資の審査とファクタリングの審査は全く違うのです。
融資の審査は自社の信用が重要視されます。自社の返済能力の有無を調べてきます。

一方でファクタリングは売掛先の状況が審査のメインです。自社の業績はあまり関係ありません。売掛金を支払うのは自社ではありませんからね。

よって融資が受けられないような会社であったとしてもファクタリングであれば利用できる可能性があるのです。

ファクタリングを利用すべきタイミング3つ目|のちに大きな資金調達を計画している時

1年後などに大きな設備投資を計画しているような状況の一時的な資金調達としてファクタリングはおすすめです。

大きな資金調達をするということは、それまでに会社の負債を増やさない、ということが肝心です。大きな借り入れの審査を突破するためには、良好な財務状況をアピールしなければなりません。

なのに短期的にでも借り入れをしてしまうと、負債が増えてしまいます。貸金業者に対して悪い印象を与えることに。

一方ファクタリングは融資ではないので負債は増えません。財務状況を見られても、自社の評価はそれほど下げられることはありません。

後に大きな資金調達を計画している時にもファクタリングは適しています。