whats

フリーランス様のファクタリング

フリーランス様専用のファクタリングサービスについて

2020年5月現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金調達を必要としている法人様、個人事業主様が急激に増えてきております。
今まで資金調達の需要が低かったフリーランスも収入減少に伴い資金調達の需要が高まっております。
このページでは、フリーランスの資金調達方法について、ファクタリングを中心に解説していきます。
一人でも多くのフリーランスが資金調達をできるよう参考になればと思います。

フリーランスと資金調達

フリーランスが使える資金調達方法は法人と比べれば少ないと言えます。
どちらかというと、一般消費者に近いと言えなくもありません。
それでは、フリーランスが使える資金調達方法について解説していきます。

①ファクタリング
これは、一般消費者では使えない資金調達方法です。
※給料の前借りができる「給料ファクタリング」というものがありますが、給料は売却できる売掛債権ではないので、ファクタリングではありません。貸金業にあたるため、金融免許がないと違法になっております。給料ファクタリングのご利用はご注意ください。
ファクタリングについての説明は、後ほど詳しくお話しますが、一言でいうと「売掛債権の買取」です。
②カードローン
一般消費者向けのカードで資金調達することができます。ただ、フリーランスの場合、カードローンの審査に通り辛く、借入れた資金の用途も制限されるため、いろいろな制約があります。
③親族や知人からの借入
親族や知人からの借入が比較的簡単に資金調達できるはずです。しかし、トラブルにもつながりやすいため注意が必要です。

フリーランスの資金調達はファクタリングがおすすめ

フリーランスの資金調達は、ファクタリングがおすすめです。
カードローンなどは、収入が安定しないフリーランスでは通り辛くなっております。
また、カードローンの場合、借入れたお金を事業資金に当てることができないことが多いというデメリットもあります。
それに対して、ファクタリングはフリーランスでも比較的簡単に資金調達できます。
更に、ファクタリングで調達した資金の使用用途は自由です。
それでは、ファクタリングについて詳しく説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、「売掛債権の買取」です。
フリーランスが保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取ることによって早期資金化できるサービスです。
法人様や個人事業主様でも、比較的メジャーな資金調達方法です。
フリーランスも売掛債権があればファクタリングを使った資金調達が可能です、
それでは、売掛債権について説明します。

売掛債権とは?

売掛債権とは、フリーランスが企業や事業者などにサービスなどを提供したときに、その対価として代金を請求できる権利です。
その請求できるお金のことを売掛金といいます。
では、どのようなものが売掛債権なのでしょうか?
下記が売掛債権です。
このような売掛債権があればファクタリングの利用が可能です。
逆になければファクタリングの利用はできません。

【売掛債権の例】
①フリーのデザイナーがクライアントの案件を請負契約で制作した時に発生した売掛債権
②フリーのプログラマーがクライアントからシステム開発の請負契約で開発した時に発生する売掛債権
③フリーのコンサルタントがクライアントと業務委託契約でコンサルした時に発生する売掛債権

つまり、フリーランスがクライアント(企業)の案件を請負契約か業務委託契約で発生した代金を請求できる権利を売掛債権といいます。
したがって、上記の代金はファクタリングできます。
【売掛債権ではないケース】
逆に売掛債権にはならないケースもあります。
それは給料です。
会社に雇用されて発生する給料は売掛債権にはならないのでご注意ください。
給料のファクタリングは出来ません。
余談にはなりますが
近年急増している給料ファクタリングは、給料が売買できる売掛債権ではないないため、給料を担保とした貸付契約になってしまいます。
もちろん、貸付ですので金融免許が必要です。
また、ファクタリングではありません。

フリーランスのファクタリング簡易事例

ファクタリングと売掛債権についてある程度ご理解頂けたかと思います。
より、わかりやすくするためにフリーランスのファクタリング簡易事例をご紹介します。

フリーランスのプログラマーとして、クライアントから請負契約でシステム開発を行なっている田中さん。
クライアントから毎月60万円、末締めの翌月末払いで支払いがあります。これが売掛債権です。
5月1日、急な資金調達が必要になったため、60万円の売掛債権をファクタリング会社に売却して約30日早く資金化することができました。
5月31日にクライアントから入金された金額をファクタリング会社に支払い一連の契約が完了です。

まとめますと、フリーランスがお持ちの売掛債権を早期資金化できるサービスがファクタリングです。
それでは、ファクタリングのメリットについてご説明していきます。

ファクタリングのメリット

資金調達までのスピードが早い
ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンなどに比べて圧倒的に資金調達までのスピードが早いです。
お申込み当日に資金調達も可能となります。
そのため、早急に資金が必要になった場合に最も有効な資金調達方法です。
税金や保険料滞納でも利用可能
ファクタリングは借入ではありませんので、税金や保険料を滞納している方でも利用可能です。
ファクタリングの審査では、買取らせて頂く売掛債権がしっかりと返済されるかどうかを重要視して審査を進めていきます。
つまり売掛先の信用情報、支払い能力が重要になっていきます。
実際に、ファクタリングをご利用中の方で、税金や保険料を滞納している方は多数いらっしゃいます。
信用情報がブラックでも利用可能
ファクタリングは、「売掛債権の買取」ですので、借入ではありません。
そのため、信用情報がブラックの方でもご利用可能です。
前項と重複してしまいますが、ファクタリングは買取らせて頂く売掛債権がしっかりと返済されるかどうかを重要視して審査を進めていきます。
そのため、ファクタリングでは、売掛先の信用情報の方が大切になっていくのです。
保証人や担保不要
ファクタリングは、借入ではありませんので保証人や担保は不要です。
保証人や担保が必要な場合は、「売掛債権を担保とした貸付」となってしまいます。
その場合、貸金業者に分類されてしまいます。
ファクタリング会社を偽った闇金業者の場合は、保証人や担保が必要になるケースがありますのでお気をつけください。
売掛先に知られることなく資金調達が可能
2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先に知られずに資金調達が可能になります。
売掛先に資金繰りの悪化を知られてしまえば、取引縮小や取引停止の理由になりかねません。
2社間ファクタリングを利用すれば、このような恐れもなく資金調達が可能になります。
借入ではないので信用情報にキズがつかない
ファクタリングは、「売掛債権の買取」ですので借入ではありません。
そのため、信用情報にキズがつくことはありません。
また、ファクタリングを利用したからといって銀行融資などの審査が通りにくくなるということはありませんのでご安心ください。

ファクタリングのデメリット

ファクタリング手数料が発生する
ファクタリング手数料は、他の資金調達方法と比べると高いのが最大のデメリットです。
ファクタリング手数料が、かえって経営を圧迫してしまった例もあります。
また、ファクタリング会社によって、手数料の設定は異なっていきます。
A社では15%、B社では9%と大きな差が開くことも珍しくありません。
そのため、少しでも手数料を安く抑えるためにも、複数のファクタリング会社へお申込みをすることがおすすめです。
ファクタリングは、何回お申込みをしても信用情報にキズがつくことはありませんのでご安心ください。
ファクタリング会社の選び方が難しい
日本には数多くのファクタリング会社があります。
ファクタリング会社によって、契約内容や手数料の設定も異なっていきます。
また、ファクタリング会社を偽った闇金業者もいます。
闇金業者の場合は、ファクタリング手数料が高く設定されています。
ファクタリング会社を偽った闇金業者と契約を結んでしまえば資金繰り改善どころではありません。
ファクタリング会社の選定は焦らず慎重に行ってください。

フリーランスとファクタリング業界

日本には数多くのファクタリング会社があります。
ですがフリーランスへファクタリングサービスを提供している会社は非常に少ないです。
2020年5月現在、フリーランスへファクタリングサービスを提供しているファクタリング会社は数社しか確認できていません。

フリーランスのファクタリングは未回収リスクが高いと考えている

ファクタリング会社が懸念しているのは、買取った売掛債権の回収ができないことです。
フリーランスや個人事業主の場合、法人ではないため債権譲渡登記が打てないので、ファクタリング会社はフリーランスや個人事業主へのファクタリングに消極的です。

フリーランスはファクタリング審査に通り辛い

ここでいう、ファクタリング審査に通り辛いというのは、法人様や個人事業主様と比べた時に審査に通り辛いということです。
フリーランスがファクタリング審査に通り辛い理由として、下記のようなものが挙げられます。
「収入が安定していない」
「継続案件が少ない」
「事業規模が小さいため保証が少ない」

各ファクタリング会社で買取下限額が設定されている

フリーランスがファクタリングを利用する時に、ハードルが上がるのが、買い取り下限額です。
買取下限額は、ファクタリング会社ごとに10万円〜100万円ぐらいに設定されています。
もっと多いのは30万円〜50万円程度です。
ファクタリング会社は基本的に、買い取り下限金額以下の売掛債権は買取ってくれません。
30万円未満の売掛債権をファクタリングする場合は、更にファクタリング会社を探すことが困難になると言えます。

フリーランスのためのファクタリング会社の選び方

利用可能なファクタリング会社を探す
まずは、フリーランスが利用できるファクタリング会社の中で、利用条件を満たしたファクタリング会社を探す必要があります。
フリーランスがファクタリング会社を探すときのポイントは、下記の通りです。
「フリーランスが利用できるファクタリング会社であること」
「買い取り対象の売掛債権が買い取り下限金額以上であること」
以上2つになります。
この条件を満たしたファクタリング会社を探してください。
弊社MSFJは、買い取り下限金額10万円でフリーランスにもファクタリングサービスを提供している会社です。
悪質なファクタリングとは契約しない
ファクタリング会社の中には、悪質なファクタリング会社もあります。
悪質なファクタリング会社と契約してしまった場合、法外な手数料を取られたり、様々なトラブルに発展してしまいます。
悪質なファクタリング会社の見極め方は以下の通りです。
「給料ファクタリングを提供している」
「住所が架空」
「インターネットでの情報がほとんどない」
「電話番号が携帯電話番号しかない」
複数のファクタリング会社に同時に申し込む
フリーランスのファクタリング審査は通り辛いです。
なので、複数のファクタリング会社へ同時に申し込み、審査に通ったファクタリング会社と契約するのが望ましいです。
ファクタリングは、同時に複数社申し込んでも信用情報にキズがつかないため、積極的に申し込みましょう。

MSFJフリーランス専門ファクタリングサービスの特徴

MSFJが提供するフリーランス向けファクタリングサービス「請求書先払い」 MSFJは、フリーランス向けに「請求書先払い」というファクタリングサービスを提供しております。
フリーランス特化のファクタリングサービスになります。「請求書先払い」のサービス特徴についてご説明致します。

最短当日資金調達が可能
最短でお申込み頂いたその日のうちにお客様の銀行口座へお振込み致します。
しかし、審査状況、お申込み時間によっては当日対応出来ない可能性もありますので、余裕をもったお申込みを推奨しております。
業界最低水準のファクタリング手数料(3%〜)
弊社MSFJはフリーランス様に特化したファクタリングサービスを提供していますので、業界最低水準の3%~からご案内しています。
ファクタリング手数料の高さのせいで、なかなか踏み出せずにいるフリーランス様は、是非弊社MSFJへお問い合わせください。
買取下限額10万円〜
一般的なファクタリング会社の買取下限額は、30万~50万円です。
ですが、弊社MSFJでは、買取下限額10万円からとなっています。
少額の買取でも対応させて頂いております。
オンラインで簡単申込
ご多忙なフリーランス様に特化しているサービスだからこそ、お申込み、審査、契約がシンプルかつ簡単になっております。
また、2回目以降のご利用は更に円滑になります。
継続的な利用が可能
1回のご利用だけでなく、複数回のご利用が可能です。 複数回ご利用することによる手数料の割引などの特典があります。
詳しくはお問い合わせください。
フリーランスで、ファクタリングをご希望の方は是非MSFJにお問い合わせください。

フリーランス専門ファクタリングサービスの事例

①初めてのファクタリング事例
東京でフリーランスとしてコンサルティングを行っている田中様のファクタリング事例です。田中様というお名前は仮名です。
「請求書先払い」でのファクタリング契約内容
・資金調達金額: 80万円
・手数料: 4%(32,000円)
・調達までの期間: 即日

田中様は、東京でフリーランスとして販売促進のコンサルティング業務を行っています。
クライアントは、東京にある小売店です。
約3年前から、月80万円のコンサルティング契約をしております。
田中様は、80万円の売掛金を毎月保有しておりました。
とある月、個人的な事情でまとまった資金が必要になりました。
貯蓄やサラ金からの借入などだけでは足りずに、あと30万円の資金が数日中に必要です。
田中様は、以前ファクタリングという資金調達方法を聞いたことがあり、ファクタリングについて調べることにしました。
田中様は自信が売掛債権を保有していることも理解しておりファクタリングで30万円資金調達することにしました。
しかし、インターネットで調べたファクタリング会社5社に申込みをしましたが全て審査に落ちてしまいました。
田中様は、ファクタリングは何社申し込んでも信用情報に傷がつかないということも知っていましたので5社まとめて申し込みました。
しかし、審査は全部落ちました。
そのうち1社から、理由を聞けることができ
「フリーランスのファクタリングには対応していません。フリーランスに対応しているファクタリング会社に依頼した方がいいです。MSFJさんは、フリーランスでも利用できます。」
その結果、田中様から弊社MSFJにお問合せ頂きました。
田中様から、今まで5社のファクタリング会社に断られたこと、なるべく早く30万円の資金調達が必要なことをお聞きしたうえで、弊社にお申込み頂く事になりました。
審査は、売掛先が長期間の継続案件であるためスムーズに審査に通りました。
弊社MSFJは、フリーランスに特化しているファクタリングサービスがあるため、他社のファクタリング会社で断られても審査に通る可能性があります。
契約は、オンライン契約で締結しお申込み頂いたその日のうちに田中様の口座に買取金額を振り込みました。

田中様からのコメント
お世話になります。
このたびはありがとうございました。
複数社に断られて最後の頼みで申込みしましたが無事に審査に通ってよかったです。
ありがとうございました。
②初めてのファクタリング事例
埼玉県でフリーランスとしてシステムエンジニアを営んでいる佐藤様のファクタリング事例です。
佐藤様というお名前は仮名です。

「請求書先払い」でのファクタリング契約内容
・資金調達金額: 70万円
・手数料: 3%(21,000円)
・調達までの期間: 2日間

佐藤様は、埼玉県でフリーランスとしてシステムエンジニアを営んでいます。
2年前に8年勤めていたシステム開発会社から独立されました。
クライアントは以前からご縁があった会社の一社のみです。
毎月決まった依頼があり、70万円の売掛金があります。
とある月、納品後にバグが発生してしまいました。
すべての業務がやり直しになってしまい、結果として入金の支払いが先延ばしされることになってしまったのです。
そのため、入金までの間に発生する支払い費用や運転資金が不足してしまいます。
佐藤様は資金ショートを防ぐために資金調達をすることにしました。
佐藤様は金利のことを考え、銀行融資を申込むことにしました。
銀行融資であれば、返済もそれ程負担にならないだろうと判断したのです。
ですが、どうしても法人様と比べてしまうと信用性が乏しいので審査に通るのは難しいと銀行員に伝えられました。
佐藤様は、仕方なく別の資金調達方法を探すことにしました。
早速インターネットで「フリーランス 資金調達」と検索をすると、ファクタリングという聞き慣れない言葉を見つけました。
詳しく調べてみると、ファクタリングなら最短即日での資金調達が可能ということがわかりました。
そして同時に、フリーランスに対応しているファクタリング会社は少ないということもわかりました。
佐藤様はフリーランスでも柔軟な対応をしてくれるファクタリング会社を探すことにしました。
インターネットで「フリーランス ファクタリング」と検索したところ弊社MSFJが上位に表示されましたのでお問合せ頂きました。
早速ヒアリングと審査の方を進めさせて頂き、早急に70万円の資金調達が必要なことをお聞きしました。
佐藤様はファクタリングをご利用する上で手数料の高さを気にされていました。
弊社MSFJでは、フリーランス様に特化したファクタリングサービスをご提供させて頂いているため、業界最低水準の3%からご案内しています。
また売掛先は独立されて以降、継続的に取引のある企業です。
そのため信用情報も高いことから手数料を抑えることができました。
お見積りを佐藤様にご掲示させて頂いたところ、承諾して頂けましたので契約が成立しました。
契約を結んだ翌日に佐藤様の口座に買取金額を振り込みました。

佐藤様からのコメント

お世話になります。
実はMSFJさんの利用後に他社に見積もりを取ったのですが、手数料が倍になり驚きました。
理由を聞いてみるとやはり法人ではない分、高くついてしまうとのことでした。
改めてMSFJさんのサービスの良さに気づきました。
また利用する際はどうぞよろしくお願い致します。
TOPに戻る