whats

ファクタリング事業

MSFJ株式会社ではファクタリングという事業を通して経営者様のサポートをさせて頂きます。
資金調達でお困りの方はお気軽のご相談ください。

       

ファクタリングとは?

               
ファクタリング(factring)とは?
               
企業(法人、個人事業主)が保有している売掛債権をファクタリング会社が買取り入金期日前に現金化する仕組みです。一般的に企業はサービスや商品を提供した対価として商品やサービスの代金(売掛金)を支払ってもらう権利があります。この売掛債権(売掛金)を入金期日前にファクタリング会社が買取り現金化してくれます。日本の企業は通常、サービスや商品を提供した月の翌月末や翌々月末にようやく売掛金が手元に入ってきて資金化されます。簡単に言うと30日後に入金される金額が今資金になります。
事例を用いてもっとわかりやすくファクタリングを解説
               
東京で建設業を営むA社長。現在請け負っている工事が遅れてしまい先月末に入金されるはずの売掛金が今月末入金になってしまいました。資金に余裕がなく、15日の給料が足りません。銀行やノンバンクからの借入をお願いしても手続きに時間がかかってしまう為、間に合いません。そこでA社長はファクタリングを利用することにしました。今月末には約3,000万円元請から入金されます。この3,000万円の売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらい見事早期現金化に成功しました。月末に元請から入金された金額をファクタリング会社に払って一連のファクタリング取引は完了しました。また、A社長は2社間ファクタリングをおこなったため元請にはファクタリングをおこなっていたことがバレずに取引が完結しました。このようなケースが一般的なファクタリングの流れです。

・建設業とファクタリング
請け負い契約で工事を受注しており、入金が施工完了月の翌月末支払の場合、翌月末支払の売掛金が約30日前に現金化できます。
建設業は従業員の給料の支払や資材が現金払いだったりと資金繰りが悪化してしまうケースが少なくはありません。資金繰りの改善として「ファクタリング」を利用されている事業主様が多いです。

・人材派遣業とファクタリング
人材派遣業は派遣したスタッフが働いた月末で締め翌月末に支払われるのが一般的です。ですが、派遣スタッフへの給料は最初の条件で入金期日前に設定されていることが多いのが実情です。
規模の大きい派遣会社なら問題ないことが多いですが、小規模~中規模の人材派遣会社だと資金繰りが悪化してしまうケースが多いいです。この場合も「ファクタリング」が利用されます。

・製造業とファクタリング
製造業も建設業や人材派遣業と同じように資金繰りが悪化しやすい業界です。メーカーからの支払は大手メーカーになればなるほどおそくなる傾向が多いように感じます。
製造業は原材料費、工場家賃、人件費などの毎月支払う金額が固定されているケースが多いです。何もなければ問題ない場合が多いですが急な出費で資金繰りが悪化した場合ファクタリングを利用するケースが多いいです。
 
ファクタリングのメリット
・とにかく簡単に調達できる
資金調達方法はたくさんありますが、ほとんどの調達方法は申込書の作成、経営計画書の作成など大変な労力が必要です。ファクタリングの審査や契約は簡単でシンプルなものです。

・即日調達可能
資金調達には時間がかかるものです。ファクタリングは、審査スピードが他の調達方法に比べると格段に早いので調達までのスピードもはやくなります。ファクタリング会社によっては即日調達も可能です。

・担保、保証人不要
ファクタリングは借入ではなく、売掛金の買取であるため、担保や保証人は不要です。申し込みの敷居が低くなっているため、担保や保証人を立てれずに調達を諦めていた会社様も調達が可能になります。

・信用情報に傷がつかない
ファクタリング契約や申し込みをしても会社の信用情報には一切傷がつきません。銀行借入も同時に考えられている会社様も安心してご利用頂けます。

・返済義務がない
一般的なファクタリングには、万が一売掛先が倒産したとしても返済義務がありません。取引先、倒産のリスク回避できるのはファクタリングの大きなメリットといえます。

・秘密裏に調達できる
二社間ファクタリングでは、三社間ファクタリングと違い売掛先の承諾は必要ありませんので、売掛先に知られることがなく調達が可能です。秘密裏に行うことにより会社信用の低下が防げます。

・賃借対照表がシンプルになる
償還請求権なしのファクタリング会社を利用した場合に万が一、売掛先が倒産したとしても負債にならないため、賃借対照表がシンプルになるというメリットがあります。