whats

MSFJ株式会社 即日ファクタリング

最初にファクタリングとは何か?を簡単に説明しますと、ファクタリングとは企業等が有する売掛債権を買取り、その売掛債権の本来の入金日より前に資金化するサービスになります。
譲渡が可能な債権は現在有しているもの(既に発生している債権)を有効とし、その債権を買い取ります。ファクタリングの性質上、既発生の債権(売掛先に請求済みの売掛債権)のみ買い取る事ができ、将来的に発生する予定の債権(請求日が到来しておらず締まってない売掛債権)は将来債権になってしまうため買い取る事ができません。
MSFJ株式会社では、上記のような条件をクリアしている債権であれば、スピーディに現金化が可能になっており、場合によっては即日で対応することも可能です。

即日ファクタリングと通常ファクタリング

通常ファクタリングを利用し資金調達をするには、まずファクタリングを扱っている業者を選びます。その後、

 お申し込み → 書類等の提出 → 審査 → 来店もしくは業者のスタッフが出張し、対面 → 契約 → 実行

 という流れになってくる事が多いと思います。この場合、お申し込み~審査までは問題なく申し込んだ当日の内に進める事ができると思いますが、その後のファクタリング業者への来店やファクタリング業者のスタッフが現地(お客様の所在地)に出張での対面契約になる場合は、お客様とファクタリング業者の間でアポイントをとり日程を調整する必要が出てきてしまい2~3日かかってしまいますし、場合によっては双方の日程の折り合いがつかず7日位かかってしまう場合もあります。しかも、来店もしくは現地にての対面契約になっているため、まだファクタリング契約が確定しているわけではありません。アポイントがとれた段階では、まだ審査の最中であり資金調達ができると決まったわけではないのです。時間をつくってファクタリング業者と対面したにもかかわらず直前で「この内容では難しいですね。」と断られてしまったり、事前に聞いていた手数料より高い手数料を現地で急に言われたり、内定していたファクタリング金額(お客様のお手元に入る金額「買取り金額」)が急にさげられたり等の事例もあるようです。もっとひどい話では、売掛債権の買取り代金を振り込むのに保証金を預かる必要がある・・・預かったお金は買取り代金を振り込む際に一緒に振り込む等と言われ現金を手渡したら、そのままお金を持ち逃げされたと言うような話を聞いた事があります。
MSFJ株式会社ではなるべく早く資金調達のお手伝いができないか、もっと言えばお申し込み頂いた当日中に即日でファクタリング契約ができないかを考え、電子契約を利用した即日ファクタリング契約を取り扱う事にいたしました。
流れとしては、 

お申し込み → メール添付にて書類提出 → 審査 → 電子契約を利用し契約 → 実行(お振り込みにて対応)

 という流れになってきます。メールを活用することによりお時間がある時に書類提出をして頂ければ大丈夫なので短時間で済ませる事が出来ます。そして審査を通過すれば電子契約にて契約を締結しお振り込み対応にて即実行となります。ファクタリング契約をするためにご来店いただく必要もありませんし、こちらからスタッフがお邪魔することもありませんので対面することなくスムーズに即日ファクタリングが実行可能です。それに審査を通過し電子契約をする時点で買取り金額が決まっているため、そこで提示させていただいた金額で間違いなく買い取らせていただいております。もちろん契約時に提示している手数料以外に別途手数料がかかることも有りませんので安心してご利用いただけると思います。
但し、全ての即日ファクタリング案件が即日で実行できる訳ではなくお申し込みを頂いた時間や書類の提出状況次第では即日ファクタリングが実行できない場合もございます。
MSFJ株式会社としては、多くのお客様に即日ファクタリングをご提供できればと考えております。しかし、即日ファクタリングを実行するためにはお客様のご協力も必要不可欠です。お手数をお掛けすることがあるとは思いますが、ご協力、ご理解をお願いいたします。

TOPに戻る