whats

兵庫県で個人事業主のファクタリング事例

       

兵庫県の個人事業主ファクタリング事例です。
兵庫県でファクタリングをご希望の個人事業主様は参考にして頂ければ幸いです。
兵庫県でリフォーム業全般を個人事業主として営んでいる田代様の個人事業主ファクタリングの事例です。
田代様というお名前は仮名になっておりますのでご了承ください。
兵庫県で個人事業主としてリフォーム業全般を営んでいる田代様ですが、以前は総合建築会社に勤めていた方で、そこで得た経験を基に2年前に個人事業主として独立されました。独立後は従業員を雇い入れず単身で活動しているそうですが、店舗内装などの大きな現場では都度、外注業者に依頼しています。
独立して2年、田代様お一人で活動していることで最低限の経費に抑える事ができ、年商も上昇傾向にあるようです。
取引先としては、大手建築会社や以前在籍していた会社の頃から付き合いのある業者が多く、毎月300万円以上の売掛金が発生しています。
支払いサイクルは、大手建設会社などは月末締め翌月末払いになり、それ以外の支払いサイクルでは月末締め翌々月15日払いなどがあるようです。
田代様が資金調達を希望された理由は、前回の現場が大きな現場で外注業者を依頼し、その外注費が思ったより多くなりそれを支払ってしまったため次の現場で使う材料の材料費が足りなくなってしまったとの事でした。
このままでは材料の調達をすることができず次の現場の工期が延びてしまうため田代様はローンや銀行借り入れを検討し、銀行に融資の申し込みをしたのですが、審査結果を待った結果、審査に落ちてしまったそうです。
融資結果に時間がかかり時間がなくなってしまった田代様は、より早く、簡単に資金調達ができないかをインターネットで調べ、ファクタリングという資金調達方法を知ったそうです。
その際「個人事業主 ファクタリング 即日」という検索ワードでヒットしたMSFJ株式会社にお問い合わせいただきました。
ファクタリングを利用する際にも審査がありますが、ファクタリングと銀行融資では審査基準が異なります。そのため、ビジネスローンや銀行融資の審査に落ちてしまった方でも、ファクタリングを利用することができます。銀行融資やビジネスローンでは債務者の返済能力が重視されるため借りる側の企業の業績や借入れ情報などが厳しく審査されますが、ファクタリングは融資とは異なりますので利用者の返済能力は重要視されません。赤字実績、税金滞納、債務超過を起こしてしまっていてもファクタリングを利用することが可能です。また、ファクタリングは銀行融資のように一度断られたからといって信用情報に傷がつくことはありません。銀行融資やビジネスローンで断られてしまった事業者の方でも、是非一度MSFJ株式会社までご相談ください。MSFJ株式会社では電子契約サービスに対応しており、対面することなく短時間で契約を締結することができますので、時間のない方、早急に資金調達を希望される方も是非一度、当社までご相談ください。

田代様からお申し込み頂いた後、審査をいたしましたが売却希望の売掛債権の内容が明確であり信頼性が高かったため、無事に審査を通過しご契約となりました。
田代様にもご協力いただき早急に審査を行うための必要書類(口座の写し、請求書、注文書等)を迅速に提出していただいたこともあり、お申込み当日中にファクタリング契約を締結することができ、田代様にも大変喜んでいただきました。
ファクタリングは確定した売掛債権(請求権の発生しているもの)を持っている方を対象に、その売掛債権を買い取り、請求書等で決まっていた入金日より前に先払いするサービスになります。

田代様のご契約内容は以下の通りです。
・契約形態 : 2社間ファクタリング
・買取り債権額 : 全体債権額220万円の内、対象債権額60万円(一部買取り)
・手数料 : 9.5%
・調達までの日数 : 即日

TOPに戻る