whats

事例で解説ファクタリング会社を乗り換えるメリット

       

事例で解説ファクタリング会社を乗り換えるメリット

弊社には毎月多くのファクタリング会社乗り換えのご相談が来ております。今回はファクタリング会社を乗り換えるメリットについて事例を使って解説いたします。

手数料が安くなる

ファクタリング会社を乗り換える最大のメリットは、手数料が安くなることです。ファクタリング会社の手数料は各会社によって大きな開きがあります。
三社社間ファクタリングなら1%から10%、二社間ファクタリングなら5%から30%です。
ファクタリングは買取金額が数十万円から数千万円になるため1%の違いでも、数万円から数十万円変わってきます。
では、ファクタリング会社はどのように手数料を決定しているのでしょうか?
まず、各社ごとに基準を設けております。
例えば、二社間ファクタリングなら最低15%以上でしか行わない。金額によって最低手数料を決定している会社もあります。
次に、買取対象の売掛金で手数料が決まります。
売掛金が回収リスクが低ければ手数料も安くなります。回収リスクの低い売掛金とは、三社間ファクタリングで売掛先の同意をもらった売掛金、有名企業や一部上場企業の売掛金はなどです。また、毎月定期的に入ってきている売掛金も、回収できないリスクが低いと判断されやすいです。
逆に、回収リスクできない高い売掛金とはどのようなものでしょうか?
売掛先が中傷零細企業や個人事業主の場合、過去の入金実績のないはじめての契約の売掛金などは回収できないリスクが高い売掛金になります。
各ファクタリング会社は上記2つの点を中心にファクタリング手数料を決定します。
この決定した手数料が各社ごとに大きな開きがあります。

○ファクタリング乗り換えで手数料が安くなった事例
毎月、500万円の売掛金を二社間ファクタリングを手数料20%で行っていたA社がファクタリング会社を乗り換えたことにより手数料15%になりました。
一回のファクタリング取引の削減額はなんと25万円です。ファクタリング会社を乗り換えることにより大幅な経費削減が出来ました。

無駄な手間がなくなる

ファクタリング会社を乗り換えた場合の次のメリットです。ファクタリング会社を乗り換えることにより、時間や作業の削減につながる場合があります。
ファクタリング会社ごとに、毎回かの債権譲渡登記が必要な場合、初回の一階だけで登記を留保してくれる場合など違いがあります。登記が必要な場合、印鑑証明書の期限が切れたら再取得などをしなくてはいけません。また、契約時に郵送で契約が可能な会社、担当者が訪問して契約してくれる会社、会社に行って契約しないと行けない会社など、まちまちです。ファクタリング取引には売主も何かしらの手間と時間がかかってしまいます。
ファクタリング会社を乗り換えることによりこの時間と手間が削減できる場合があります。

○ファクタリング会社の乗り換えで手間がなくなった事例です。
毎月、ファクタリング取引を行なっているB社長の事例です。取引しているファクタリング会社の基底で、毎回の契約書はファクタリング会社に行って結ばないといけません。尚且つ、毎回印鑑証明書を提出する必要があります。上記の手間で約半日社長の時間が奪われてしまいます。
ファクタリング会社を乗り換えたことにより、契約書は初回以降は有償対応、印鑑証明は期限が切れた時に発行してもらうことになりファクタリング取引の手間がなくなりました。

以上がファクタリング会社乗り換えのメリットとその実績になります。

上記の実績は弊社MSFJのお客様実績になります。今のファクタリング会社にご満足されていない方や乗り換えをご検討中の方は是非MSFJにご相談ください。
07:01

TOPに戻る