フリーランスと資金調達|ファクタリングが利用できるって本当? | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

フリーランスと資金調達|ファクタリングが利用できるって本当?

       

ファクタリングといえば会社しか利用できない資金調達法、といった印象が強いのではありませんか?
企業間取引で発生した売掛金を売却するのがファクタリングですからね。法人専用の資金調達法、と思われても仕方ないかもしれません。

しかしフリーランスで仕事をしている方でも、実はファクタリングは利用できるのです。
フリーランスは法人ほど大きな資金が必要になる場面はないかもしれません。しかし機材を購入したり、ソフトなどを購入したりするために資金が必要になることもありますよね。そういった場面でファクタリングが活躍してくれる可能性があるわけです。

こちらではフリーランスとファクタリングの関係性について詳しくお伝えしますね。

フリーランスにはファクタリングがおすすめ!その理由とは?

フリーランスにこそファクタリングがおすすめです。
なぜでしょうか?
そもそもフリーランスは法人ではありませんよね。社会的信用が高いわけではないので、融資による資金調達が非常に受けにくいのです。

たしかにフリーランスであったとしても融資が受けられるチャンスがあります。でも業者側としてはフリーランスの業績実態の把握はかなり難しいのも事実。

さらにフリーランスは毎月の収入なども安定していません。月々一定の収入がない、ということも考えられるのです。先月は60万円収入があったとけど、今月は20万円、ということもあるわけ。

収入が安定していない、ということは返済能力が安定していない、ということです。貸し出し側としてはこれほど怖いことはありません。だからこそ一般的な融資をフリーランスは利用しにくいのです。

そこでファクタリングの出番となります。
ファクタリングはフリーランスのクライアント側の信用が重要視されます。クライアントの企業の信用度が高い場合は支払ってもらえる可能性が高いくなります。

要はフリーランス側の信用はあまり審査では重要視されません。フリーランスの給料はフリーランスが支払うわけではありませんよね。あくまでクライアント側の企業が支払うことに。なので資金調達としてファクタリングは利用しやすいのです。

フリーランスは日本政策金融公庫も利用できるが・・・

フリーランスが資金調達として利用できるものとして日本政策金融公庫があります。政府系の金融機関の融資制度であれば、資金調達ができるのですがこれが極めて難しい。

確かに金利が1.0%前後になることもあります。有利な資金調達ができることも確かですが、何かと条件が設定されることが多いのです。

フリーランスが日本政策金融公庫の制度融資を利用しようとすると、担保であるとか保証人を求められることが多いのです。担保であるとか保証人を用意できるでしょうか?簡単ではありませんよね。

一方のファクタリングであれば保証人も担保も求められることはありません。利用するに当たり敷居が低い、ということもファクタリングの大きなメリットなのです。

それでは以下にもう少し詳しくフリーランスがファクタリングを利用するメリットについてお伝えしますね。

フリーランスがファクタリングを利用する利点

例えば最短即日資金調達ができる、というものがあります。
融資を利用できたとしても、1週間先であったり2週間先であったり、ということもあるのではありませんか?資金ショートが迫っている場合には、それではとても対応できません。

しかしファクタリングであれば、最短即日入金も可能なのです。審査に時間がかからない、といったメリットがあるんですよ。

融資ではない、というところも大きなメリット。
個人信用情報に傷をつけることなく資金調達ができるのです。今後の借り入れにも悪影響を及ぼしません。