銀行系ファクタリングとは?特徴や注意点について解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

銀行系ファクタリングとは?特徴や注意点について解説

銀行系ファクタリングとは?

銀行系ファクタリングとは、銀行や銀行から業務委託を受けた関連会社が提供している「ファクタリングサービス」です。大手銀行から地方銀行まで、さまざまな銀行が提供しているファクタリングサービスを利用することができます。銀行が提供しているため、一般的なファクタリング会社よりも信頼性が高く、安心して利用したい方におすすめです。

そもそもファクタリングってどんなサービス?

ファクタリングとは、自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却し、早期に現金化できるサービスです。現在、日本企業のほとんどが掛け取引を行っており、未回収や貸し倒れが深刻な問題となっています。しかし、ファクタリングを利用することで、売掛債権を早期に現金化することができるため、未回収や貸し倒れといったリスクから回避することができます。また、資金繰りの改善や急な出費に困ったときなど、自社の緊急時にも利用できる資金調達方法で、ファクタリング会社によっては最短即日で売掛債権を現金化することができます。審査通過率も高いことから、多くの中小企業で利用されており、利用者は増加傾向にあります。

銀行系以外にはどんなファクタリング会社があるのか

ファクタリングには、銀行やその関連会社が提供している「銀行系」以外にも、「ノンバンク系」・「独立系」といったファクタリング会社があります。この3種類のファクタリング会社は、運営している企業やサービス内容が異なっており、利用する際は3種類のうちどのファクタリング会社が自社に適しているのか慎重に判断する必要があります。

ノンバンク系ファクタリング

ノンバンクは、銀行のように預金を扱わない、銀行以外の金融機関のことです。クレジット会社や消費者金融などがこれに該当します。ノンバンク系ファクタリング会社は比較的大手企業が運営していることが多く、安心して利用することができるため、ファクタリングに不安感を持たれている方におすすめです。また、他のファクタリング会社と比較すると、付随的なサービスが多く、資金繰りのアドバイスなどのサービスを受けることができます。

独立系ファクタリング

独立系とは、銀行やノンバンクが運営しているわけではなく、ファクタリングを専門的に行っているファクタリング会社のことです。ファクタリングは近年普及してきたサービスなので、法整備が追いついておらず、賃金業登録していない会社でもファクタリングサービスを提供することができます。独立系ファクタリングは、銀行系やノンバンク系よりも審査が緩く、現金化スピードが早いという特徴があります。また、銀行系やノンバンク系は「3社間ファクタリング」を主流としていますが、独立系ファクタリングでは2社間ファクタリングを得意としています。2社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社で完結する取引のため、取引先にファクタリングを利用したということが通知されないうえに、ファクタリングの利用について取引先の承認を得る必要がないため、素早い現金化が可能となります。取引先にバレずに早く売掛債権を現金化したい方におすすめです。

銀行系ファクタリング会社のサービス内容

銀行系ファクタリング会社では、以下のようなサービス内容が提供されています。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは、独立系ファクタリングでも行われているような一般的なファクタリングサービスです。自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却し、手数料が引かれた金額を受け取ることができます。独立系ファクタリング会社の場合は、2社間で10~20%、3社間で5~10%ほどの手数料が掛かりますが、銀行系ファクタリング会社の場合は5%未満ということがほとんどです。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、万が一取引先の未払い・倒産があった場合に売掛金の一部を受け取ることができるように保証してくれるサービスです。自社が保有している売掛債権を現金化することはできませんが、取引先の未払い・倒産といったリスクを回避することができます。売掛金の額が大きい場合や取引先の経営状況が悪い場合に効果的です。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、日本国内のファクタリング会社から海外のファクタリング会社に信用調査を依頼し、海外企業との取引でも売掛債権を現金化できるサービスです。海外のファクタリング会社を経由するため、一般的なファクタリングよりも手数料が割高となってしまいますが、未入金リスクから回避することができます。以前までは信用状によって海外取引のリスクを回避することが一般的でしたが、近年は国際ファクタリングを利用する企業も増加傾向にあります。

銀行系ファクタリングの特徴

銀行という言葉からは「手数料が低い」「多額な資金調達が可能」「信頼できる」といったイメージを思い浮かべるかと思いますが、銀行系ファクタリングにおいてもそのような特徴があります。銀行系ファクタリングの特徴は以下の通りです。

手数料が低い

銀行系ファクタリング会社の手数料は、他のファクタリング会社よりも低く、手数料は5%未満となることがほとんどです。手数料が低い理由としては、銀行系は独立系などよりも財務的基盤がしっかりとしており、目先の利益を求めていないという点が挙げられます。高い手数料を徴収するよりも、利用企業は信用できるのかという点を重視しているため、銀行としても未回収リスクが低くなります。ファクタリングを利用する際の手数料は、低ければ低いほど利用者が資金調達できる金額が大きくなるので、利用者にとっても大きなメリットとなります。

豊富な種類のファクタリングサービス

銀行系以外のファクタリング会社では、売掛債権を買取り現金化する「買取ファクタリング」に特化していますが、銀行系ファクタリング会社ではその他にも豊富な種類のファクタリングサービスを提供しています。銀行系ファクタリング会社が提供しているファクタリングサービスは、取引先の未入金・倒産リスクから回避することができる「保証ファクタリング」や海外企業との取引でもファクタリングを利用することができる「国際ファクタリング」があります。これらのファクタリングサービスは、銀行系ファクタリング会社特有のサービスであるため、買取ファクタリング以外のサービスを利用したい場合は銀行系ファクタリング会社を選択する必要があります。

信頼性が高い

銀行系ファクタリング会社は、賃金業登録を行っている銀行や関連会社が運営しているため信頼性が高いという特徴があります。そもそもファクタリングは近年普及してきた資金調達方法のため、法整備が追いついておらず、賃金業登録を行っていない会社でも運営することができます。いわば、資金さえあれば誰でも運営することができるのです。そのため、独立系ファクタリング会社の中には、悪徳業者も存在しており、どの会社を選べばいいのかという判断が難しくなります。一方、銀行系ファクタリング会社は、信頼性が高く、安心してファクタリングサービスを利用することができます。

売掛債権の買取限度額が高い

銀行系ファクタリング会社を運営しているのは銀行やその関連会社のため財務基盤がしっかりとしています。そのため、億単位の高額債権の買取にも対応することが可能です。一方、独立系ファクタリング会社では買取できる売掛債権の限度額があり、高額債権には対応できないといったケースも珍しくはありません。高額債権の売却を検討されている方にとっては、銀行系ファクタリングの他方法はないのかもしれません。

銀行系ファクタリング会社を利用する際の注意点

銀行系ファクタリングには上記で解説したようなさまざまなメリットがあります。しかし、同時に銀行系ファクタリングを利用する前に理解しておかなければいけない注意点もあります。注意点を理解せずに利用してしまうと、利用後に後悔してしまうこともあるのでしっかりと理解していきましょう。

審査が厳しい

銀行系ファクタリング会社の審査は、銀行からの融資と同様に厳しく資金調達を行えない可能性があります。また、審査期間も長く決算書等の審査に必要な書類の準備も行わなくてはいけないため、現金化までに相当な時間が掛かってしまいます。銀行系ファクタリング会社は厳しい審査の代わりに、手数料が低く設定されやすいメリットがありますが、素早い現金化を求めている方や信用情報に不安がある方には向いていないといえます。

2社間ファクタリングを利用することができない

ファクタリングには、ファクタリング利用者とファクタリング会社で取引を行う「2社間ファクタリング」とファクタリング利用者・ファクタリング会社・取引先で取引を行う「3社間ファクタリング」があります。銀行系ファクタリング会社では、このうち「3社間ファクタリング」にしか対応していない会社がほとんどです。3社間ファクタリングは、ファクタリング会社にとっては未回収リスクを低くできるメリットがありますが、利用者にとっては取引先に債権譲渡の旨が知られてしまうことや取引先にファクタリング利用を承認してもらわなければいけないデメリットがあります。

自社の信用情報が悪化してしまう可能性がある

本来ファクタリングは負債とならない資金調達方法のため、自社の信用情報に影響を与えることはありません。しかし、銀行系ファクタリング会社は銀行系の会社が運営しているため、銀行グループ内の企業情報に記録されてしまう可能性があります。そのため、何度も銀行系ファクタリング会社でファクタリングを利用していると「経営状況が悪い企業」というレッテルを貼られてしまい、今後の融資に影響がでてしまうことが考えられます。今後銀行からの融資も検討されている方は利用頻度にも注意しておく必要があります。

銀行系ファクタリングはどんな方におすすめ?

銀行系ファクタリングについての特徴や注意点について解説してきましたが、どのような人におすすめなのでしょうか?銀行系ファクタリングは以下のような方におすすめです。

審査期間が長くても手数料を下げたい方

銀行系ファクタリングは、ノンバンク系や独立系よりも手数料が低く、手数料は5%未満であることがほとんどなので、審査期間の長さを気にしない方にはおすすめです。手数料が低いということは、その分多くの資金を調達することができるということなので、資金繰りの改善や支払いに充てることができます。

ファクタリングを単発で利用される方

上記で解説したように銀行系ファクタリングは、利用履歴が残ってしまうため、継続的に利用してしまうと今後の融資にも影響が出てしまう可能性があります。しかし、単発での利用の場合は、今後の融資にも影響しないため安心して利用することができます。実際に「決算書の見栄えを良くするため」といった目的で単発での利用をしている企業も多くいます。一方、独立系ファクタリング会社の場合は、何度利用しても信用情報に影響を及ぼさないため、融資に影響が出ることはありません。

安心してファクタリングを利用したい方

銀行系ファクタリング会社を運営しているのは銀行やその関連会社であるため賃金業登録を行っており、非常に信頼性が高くなっています。一方で独立系ファクタリング会社は、賃金業登録をする必要がなく、誰でも運営することができます。そのため、中には悪徳業者も存在しており、高額な手数料を請求されるケースも珍しくありません。そのような悪徳業者を利用してしまうリスクを無くし、安心してファクタリングを利用したい方には銀行系ファクタリングがおすすめです。

まとめ

今回は銀行系ファクタリングの特徴と注意点について解説させていただきました。銀行系ファクタリングは一般的なファクタリングでは利用することのできない「国際ファクタリング」や「保証ファクタリング」を利用することができるため、業種によっては非常に役に立つ資金調達方法だといえます。しかし、一般的な「買取ファクタリング」を利用する場合は、「独立系」がおすすめです。独立系ファクタリングは、審査通過率が高く2社間ファクタリングも利用することができるため、中小企業でも利用しやすいサービス内容となっています。とはいえ各会社によってファクタリングを利用する目的は異なるため、自社に適しているファクタリング会社を選択するようにしましょう。
TOPに戻る