売掛金買取によ売掛金買取による資金調達は可能?特徴や注意点についても解説!る資金調達は可能?特徴や注意点についても解説! | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

売掛金買取による資金調達は可能?特徴や注意点についても解説!

売掛金とは

売掛金とは、掛け取引において商品やサービスの提供後に、将来的に代金を受け取ることができる権利のことです。つまり、売上は上がっているがまだ回収できていない代金のことで「ツケ払い」のようなものです。掛け取引は信頼関係が必須となるため「信用取引」に分類されます。売掛金は、会計上資産項目の流動資産に分類され、会計上では会社の資産となりますが、支払いや仕入れが先行するのに対して、売掛金の受取日が遅れがちになるので、資金繰りが悪化する可能性があります。売掛金を回収せずにそのままにしておくと、売掛先の経営状況の悪化によって、貸し倒れ・未回収となるリスクや時効により不良債権になってしまう可能性もあります。そのため、売掛先の経営状況などをしっかりと把握し、貸し倒れ・未回収リスクから回避することが大切です。

売掛金と買掛金の違いとは?

買掛金とは、商品やサービスを提供してもらった後に、将来的に仕入れ先に支払わなければいけない代金のことです。つまり、売掛金とは真逆のことを意味します。買掛金は会計上「流動負債」に分類されるため、買掛金発生から1年以内に返済する必要があります。また、流動資産である「売掛金」が未回収の状態で、流動負債である「買掛金」が増えてしまうと、資金繰りが悪化し、最悪の場合倒産してしまう可能性もあります。そのため、売掛金と買掛金のバランスを考えることが重要です。

売掛金と未収金の違いとは?

未収金とは売掛金と同様に、未回収のお金のことを意味しますが、企業間取引で発生する売掛金と異なり、本来の業務以外で発生した代金のことをいいます。例えば、不動産会社ではない企業が、保有している土地や建物を売却した際に受け取る代金のことを未収金といいます。未収金も売掛金と同じく、会計上「資産」に分類されますが、未収金が増えてしまうと銀行や取引先に自社の財務状況を開示したときに、あまり良い印象を与えません。そのため、買掛金と同様に売掛金とのバランスを考えることが重要です。

売掛金買取による資金調達の仕組み

売掛金買取による資金調達の仕組みとは、自社が保有している支払期日前の売掛金(売掛債権)を売掛金買取の専門業者に売却することで、本来の支払期日よりも早期に現金化することができます。本来売掛金を受け取ることができる期日よりも早期に現金化することができるため、前章で紹介した、買掛金が増加してしまい、売掛金とのバランスが悪化してしまった場合の資金調達手段としても利用することができます。また、売掛金を早期に現金化することで、売掛先の倒産などによる貸し倒れ・未回収リスクからも回避することができます。売掛金買取による資金調達は、審査通過率が高く、信用力の低い中小企業や個人事業主でも利用することができます。資金繰りに悩んでいる企業やバランスシートを整えたい企業にとっては有効な資金調達方法といえるでしょう。

2社間の場合

2社間で売掛金買取による資金調達を行う場合は、売掛金を売却する利用者と売掛金を買取る専門業者の2社間で取引が完了します。この際は、利用者から買取専門業者に売掛債権を譲渡する契約となります。2社間では、売掛先に売掛債権を譲渡する旨が知られずに取引を進めることが可能です。そのため、利用者は本来の売掛金の支払期日に売掛先から入金が行われ、売掛金買取業者に対して買取ってもらった売掛金の金額を入金する必要があります。2社間の最大のメリットとして、売掛債権の現金化スピードが挙げられます。売掛先に債権譲渡に関して、承認を得る必要がないためスムーズに取引を進めることができます。現金化までのスピードは業者によって異なりますが、最短即日で現金化できる業者もあります。一方2社間のデメリットとしては、手数料が高い点です。なぜ手数料が高いのかというと、売掛金買取業者は直接売掛先企業を審査できないため、未回収リスクが高くなってしまうからです。そのため2社間は、「手数料が高くても売掛先に知られたくない」という方におすすめです。

3社間の場合

3社間で売掛金買取による資金調達を行う場合は、売掛金を売却する利用者・売掛金を買取る専門業者・売掛先の3社間で取引を行います。2社間と同様に利用者から買取専門業者に売掛債権を譲渡しますが、売掛先が直接買取専門業者に売掛金を支払います。3社間では、売掛先に債権譲渡通知を行うため、売掛先に債権を譲渡することが知られてしまいます。そのため、売掛先に「経営状況が悪いのではないか?」という疑念を抱かれてしまい、今後の取引に影響が出てしまう可能性があります。なんでも打ち明けている企業との取引では、債権譲渡をしても問題がないこともありますが、最近開拓した取引先や大手企業との取引では、なぜ債権譲渡を行うのかといった説明を入念に行わなければいけないでしょう。一方3社間のメリットとして、2社間での取引よりも手数料が安いという点が挙げられます。なぜ手数料が安いのかというと、売掛先も取引に加わっているため、2社間よりも未回収リスクが低くなるからです。売掛金買取による資金調達を行う場合は、2社間・3社間のそれぞれのメリット・デメリットを理解し、自社に合った資金調達を行いましょう。

売掛金買取の特徴

売掛金買取は、自社の資金繰りや急な出費にも対応することができる資金調達方法です。本来売掛金は支払期日まで受け取ることのできないもので、売掛金が増加してしまうと資金繰りが悪化してしまいます。しかし、売掛金買取によって早期に現金化することで資金繰りを改善することができます。そんな売掛金買取には以下のような特徴があります。

1.現金化スピードが早い

売掛金買取による資金調達は、融資と比較して現金化スピードが早く、業者によっては最短即日で現金化することもできます。現在では申し込みから現金化までオンライン完結で取引を行える売掛金買取業者が増えており、来店の手間や資料作成の手間が不要となっています。特に2社間での取引では、売掛先に債権譲渡に関して承認を得る必要がないため、より早く売掛債権を現金化することができます。一方融資の場合は、担当者と長い面談があったり、決算書等の資料作成の手間があるうえに、審査が完了するまでに数カ月ほど掛かってしまいます。そのため、早期に売掛債権を現金化したい場合は、売掛金買取による資金調達をおすすめします。

2.貸し倒れ・未回収リスクから回避することができる

売掛金買取によって、本来の売掛金の支払期日前に現金化することで、貸し倒れ・未回収リスクから回避することができます。現在、日本の企業間取引では「掛け取引」が主流となっており、商品・サービスの提供から入金までの支払いサイトが長いという特徴があります。そのため、売掛金入金まで手元のキャッシュが少なくなってしまい「黒字倒産」となるケースも珍しくありません。また、売掛金の支払期日までに売掛先が倒産してしまった場合は、売掛金が貸し倒れ・未回収となってしまいます。しかし、売掛金買取により、本来の支払期日よりも早期に現金化することで、貸し倒れ・未回収リスクから回避することができます。

3.審査通過率が高い

売掛金買取は、融資と比べ審査通過率が高く「売掛債権さえ保有していれば、ほぼ利用することができる」資金調達方法です。融資の場合は、これまでの銀行との取引状況や企業の経営・信用状況によって、返済能力を判断し融資を行います。そのため、過去に金融事故を起こした企業や起業して間もない企業など、信用力の低い企業は融資を受けることはできません。一方売掛金買取は、過去に金融事故を起こした企業や起業して間もない企業などの信用力の低い企業でも利用することができます。なぜなら、売掛金買取での審査対象は売掛先だからです。そのため、自社の信用力が低くても売掛先の経営状況が良好であれば利用することができるのです。

4.償還請求権が発生しない

法律の規制により、基本的に売掛金の売買契約には償還請求権が発生しません。そのため、売掛債権を買取り業者に譲渡後は、売掛先の倒産などによって不渡りとなってしまった場合でも、利用者は買取業者から売却した売掛金に関して請求されることはありません。そのため、売掛金未回収による貸し倒れリスクから回避することができます。このように売掛金買取による資金調達は、リスクマネジメントの目的で利用することもできます。

5.売掛先に知られずに債権を譲渡することができる

2社間での売掛金買取では、売掛先に知られずに債権を譲渡することができます。売掛金買取の利用は、売掛先に「経営状況が悪いのではないか」という疑念を抱かれてしまい、今後の取引に影響を及ぼす可能性があるため、知られないほうがよいといえるでしょう。2社間の売掛金買取では、売掛債権を売却する利用者と売掛債権を買取る買取業者で取引が完了するため、売掛先に知られる心配がありません。

売掛金買取を行う際の注意点

売掛金買取には上記のような特徴がありますが、同時に理解しておかなければいけない注意点もあります。以下では売掛金買取を行う際の注意点について解説していきます。

1.手数料

売掛金買取は、売掛債権を保有している企業であれば9割以上の確率で利用することができます。その中には過去に金融事故を起こした企業や起業して間もない企業などの信用力の低い企業も含まれており、融資など審査の厳しい資金調達方法と比べて、手数料が割高になってしまいます。売掛金買取の手数料は、売掛先の信用力や償還請求権の有無によって変わりますが5~20%が相場となります。融資と比べ、少々割高ですが、同じ買取業者を利用するなどの方法で手数料を安く抑えることも可能です。

2.売掛先の信用力次第では利用できない

売掛金買取業者は審査の際、売掛先の信用力を重要視します。なぜなら、売掛先の信用力が低いと、売掛金の未回収リスクが高くなるからです。売掛金買取業者は、売掛金を回収できなければ大きな損失となってしまいます。そのため、売掛先の信用力が低い場合は、審査に通過できない可能性があります。売掛金買取の審査は9割以上が通過できるほど緩いのですが、その審査にも通過できないとなると自社も売掛先から売掛金を回収できる可能性が極めて低くなります。

売掛金買取は利用者が増加傾向にある資金調達方法

今回は、売掛金買取の特徴や注意点について解説してきました。売掛金買取は、融資と比べるとまだ知名度は低いですが、年々利用者が増加傾向にある資金調達方法です。信用力の低い企業でも利用することができるほど気軽に資金調達を行うことができるため、利用者は今後も増加していくと予想できます。今回解説した特徴や注意点を理解し、有効に利用しましょう。

TOPに戻る