whats

ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングの違いについて

       

ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングは、どちらも売掛債権を取り扱う資金調達方法です。
そのため、混同されてしまうことがあります。
今回は、ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングの違いについて解説していきたいと思います。
売掛債権を利用した資金調達をご検討中の方は、是非、ご参考にして頂ければ幸いです。

ABL(売掛債権担保融資)とは

ABL(売掛債権担保融資)とは、「アセット・ベースト・レンディング」の略称です。
売掛債権を担保として、融資を行います。
つまり、固定資産を持たない事業者様でも融資を受けられます。
ですが、ファクタリングと違い、融資である以上、負債という扱いになります。
また、償還請求権も存在します。
担保にしていた売掛債権が回収不能となってしまった場合は、お客様が責任を負わなければいけません。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、「売掛債権の買取サービス」です。
お客様がお持ちの売掛債権をファクタリング会社が買取ることによって、ご入金前に早期資金化ができます。
ファクタリングは、融資ではありませんので償還請求権が存在しません。
万が一、売掛債権が回収不能となってしまった場合でも、お客様が責任を負う必要はありません。

ABL(売掛債権担保融資)とファクタリングの違い

前項でお伝えした通り、ABL(売掛債権担保融資)は融資を受けることによる資金調達方法、ファクタリングは、売掛債権を早期資金化することによる資金調達方法です。
そのため、以下のような違いが発生します。

・資金調達までのスピードの違い
ABL(売掛債権担保融資)は、融資になりますので、資金調達までに時間がかかってしまいます。
審査から融資実行まで平均2週間から1ヶ月程度かかってしまいます。
ですが、ファクタリングの場合は、最短でお申込み当日の資金調達が可能となります。

・審査基準の違い
ABL(売掛債権担保融資)は、融資になりますので、お申込みをした自社の信用情報が問われます。
会社の業績が悪化していたり、税金や社会保険料などの滞納があった場合は、審査に通らないことがあります。
ですが、ファクタリングの場合は、買取った売掛債権がしっかりと回収できるかどうかを重要視して審査を進めていきます。
そのため、税金や社会保険料などの滞納がある方でも審査には通ります。

・資金調達額の違い
ABL(売掛債権担保融資)は、売掛債権の状況などに対する評価によって、融資額が大きく変動します。
つまり、評価が良ければ、より多くの資金を調達できます。
ファクタリングは、「売掛債権の買取サービス」ですので、確定している売掛債権以上の金額を調達することはできません。

まとめ

ABL(売掛債権担保融資)は、融資である以上、自社の信用情報が問われてきます。
また、資金調達までに時間も長くかかってしまいます。
信用情報に自信がない方や、早急に資金が必要な方はファクタリングの方がおすすめです。

資金調達(ファクタリング)をご希望の場合は、是非、弊社MSFJにお問い合わせください。
弊社MSFJは、個人事業主様やフリーランス様に特化したファクタリングサービスをご提供しています。
個人事業主様やフリーランス様に特化しているからこそ、ファクタリング手数料もお安く抑えられます。
無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る