whats

近年のファクタリング

       

ファクタリングとは

ファクタリングとは企業等が有する売掛債権を買取り、場合によっては当該債権の回収までを行うサービスの総称です。
譲渡が可能な債権は現在有しているものを有効とし、場合によっては譲渡された第三者(ファクタリング会社)が自己の責任において回収・管理するため、回収不能・不良債権化リスクが無く、スピーディに現金化が可能という、今中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法です。

ファクタリングの仕組み

ファクタリング契約の内容は、主にファクタリング会社が債権を買取り、その債権額に応じた金銭を支払うというものです。

債権とは

債権とは、特定の人に対し一定の行為を請求しうる権利の事です。
例えば、AさんがBさんにお金を貸した場合、AさんはBさんに対し「お金を返してもらう」という債権を有している事になります。
この場合、お金を貸したAさんを「債権者」、お金を借りたBさんを「債務者」と言います。
債権には、売掛金、受取手形、未収金など様々なものがありますが、ファクタリングでは、30日~45日後に入金され、確定している債権を用いるのが一般的です。

ファクタリングの種類

ファクタリングには大きく分けて2種類の取引方法があります。
一つは利用者とファクタリング会社の2者で完結する「2社間ファクタリング」。もう一方は利用者とファクタリング会社と売掛先の3者で取引を行う「3社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリングの概要

2社間ファクタリングは債権者とファクタリング会社間の2社で完結する取引で、取引先(債務者)へ債権を譲渡した旨の通知、又は承諾が不要なため、取引先や第三者に知られる事が無く資金調達する事が可能です。また、2社のみで進められるので取引が非常にスピーディでスムーズなのがメリットでもあります。

3社間ファクタリングの概要

3社間ファクタリングは言葉の通り、債権者・取引先(債務者)・ファクタリング会社の3社間で行われる取引です。その後の回収、取り立て、リスク等は全てファクタリング会社へ引き継がれます。
一般的には3社間の方が手数料を安価に抑えられる傾向にありますが、取引先とファクタリング会社を引き合わせなければならなくなり書類、実行までの日数が多くなります。

中小企業や個人事業主から注目される資金調達

ファクタリングを検討する企業や個人事業主には以下のいずれかに該当するケースが多いです。

・銀行融資を断られてしまった。
・税金を滞納しており、融資が受けられない。
・担保にできる固定資産がない。
・業績が悪化してしまい支払いサイクルを繰り上げたい。

中小企業や個人事業主の場合、大企業のように第三者に出資を募る(株式の増資等)や社債を発行すると言った方法が使えなかったり、そもそも出来なかったりが多いようです。
そこで既存の売掛債権を譲渡して迅速に資金調達ができるファクタリングが注目されています。
以前にも増して債権の流動は活発になっており、ファクタリングは非常に身近になり手軽に資金調達ができる方法になりました。
これから、中小企業や個人事業主に無くてはならない資金調達方法として発展していくのは間違いないでしょう。

TOPに戻る