whats

愛知県で個人事業主のファクタリング断り事例

       

愛知県の個人事業主ファクタリング断り事例です。

愛知県名古屋市で建築業を個人事業主として営んでいる相澤様の個人事業主ファクタリングのお断り事例です。
相澤様というお名前は仮名になっておりますのでご了承ください。

愛知県名古屋市で個人事業主として建築業を営んでおられる相澤様ですが8年前から独立されてお仕事をこなしている方になります。
独立後は一人親方として仕事をこなしており年商もほぼ例年通りです。
取引先としては、スポットの仕事が多いため決まった取引先が無く、個人宅であったり法人であったり様々であり、毎月の入金額は50~60万位の売掛金が発生するそうです。
支払いサイクルは完工後10日前後の入金や、月末締め翌月末払いなど分散しており毎月決まった日にまとまった入金がある方ではないようです。
相澤様が資金調達をしなくてはいけなくなった理由は、次の現場で使う資材購入の為にまとまった資金が必要とのことでした。
相澤様は以前からファクタリングの事は知っていたようで個人事業主がファクタリング業者に断られやすい傾向にある事も知っていたようです。案の定問い合わせたファクタリング業者には断られ続け「個人事業主 ファクタリング」というワードでヒットしたMSFJ株式会社にお問い合わせいただきました。
MSFJ株式会社では法人様・個人事業主様どちらであっても問題ありません。大きな金額の売掛債権であっても条件が揃えば即日対応可能です。契約に関しても電子契約を利用しており短時間で契約を締結することができます。

ここからが本題になるのですが、相澤様からお申し込みをいただき、その後必要書類(請求書、注文書、口座の写し)等の提出していただきました。まず請求書を拝見させていただきました。内容としては一般的な内装工事の内容で売掛先も法人です。額面は250万円の債権でした。この債権に対し注文書や契約書等の添付書類はありませんでした。次に口座の情報を拝見させて頂きました。提出して頂いた口座は入出金の履歴がほとんど無い状況であり、今回譲渡希望の売掛先からの入金がみられませんでしたので他に口座をお持ちではないか確認しましたが提出して頂いた銀行のみとの事でした。
その後も不明な点があったので都度、相澤様にお伺いさせていただきましたが請求書の不明点についてお伺いさせて頂いたのを最後にご連絡が取れなくなってしまいました。
ファクタリングは確定した売掛債権(請求権の発生しているもの)を持っている方を対象にその売掛債権を買い取らせていただき、決まった入金日より前に先払いさせていただくシステムであり、金融業とは異なりますので、信用情報などに借入等の履歴が残らないのもファクタリングの特徴になります。
ですがファクタリングはお客様との信頼関係があってこそのサービスになりますのでご連絡がとれなくなった事、不明で明確でないものが多い点で、今回は誠に残念ですがお断りとさせて頂きました。
11:58

TOPに戻る