whats

将来債権ファクタリングの活用事例

       

将来債権ファクタリングの活用事例

将来債権ファクタリングの活用事例をここでご紹介します。東京でIT業を営んでいるA社長の会社の事例です。

A社長は東京で10年前からIT業を営んでおります。主要な売掛先は大手ITベンダーです。5年前から毎月継続的に1000万円の入金があります。
オフィスの賃上げによる引越し、急な人材採用費用などで3000万円の資金が急遽必要になりました。
通常のファクタリングですと、1ヶ月後の1000万円は資金化が可能ですが、残り2000万円足りません。
主要取引先以外の売掛債権をファクタリングする手段もありますが、この売掛債権をファクタリングした場合、資金ショートしてしまいます。
A社長は色々調べて将来債権ファクタリングという選択肢を知りました。
現在利用中のファクタリング会社では将来債権ファクタリングを行なっておらず、将来債権ファクタリングを行なっている会社を探すことにしました。
将来債権ファクタリングが可能な会社が見つかり申し込みをしましたが、事前に将来債権ファクタリングは通常のファクタリングと違い審査がかなり厳しくなることを知らされておりました。
ですが、売掛先が有名企業だったこと、5年前から毎月きちんと売掛先から入金があったこと、現在、3ヶ月先に入金される案件を行なっていたことが評価され無事に将来債権ファクタリングを行えるとのことでした。
A社長は、将来債権ファクタリングを使い一度に3000万円という金額を調達することができました。
ファクタリング会社への支払いも、1ヶ月後に1000万円、2ヶ月後に1000万円、3ヶ月後に1000万円を支払い一連のファクタリング契約が完了しました。
A社長は無事にオフィス移転、人材採用がすみ、設立以来最大の資金難を乗り越えました。
また、A社長は将来債権ファクタリングというカードを手に入れたこともあり、より攻めの経営を行なったことにより会社も急成長を遂げました。

TOPに戻る