whats

将来債権ファクタリングとは?

       

将来債権ファクタリングとは?

将来債権ファクタリングについてまとめた記事になります。今後増えてくることが予想される将来債権ファクタリングについて解説します。

将来債権ファクタリングとは?

将来債権ファクタリングは複数月にまたいで売掛金を買い取るサービスです。通常のファクタリングでは、請求が確定している売掛債権しか買取できません。
それに対して将来債権ファクタリングは、将来発生する債権〔これを将来債権といいます)を買い取ることができます。
また、2020年4月1日に施行される民法の一部を改正する法律(改正民法)では、将来債権の譲渡が明文化されます。
これによって、将来債権ファクタリングは今後増えていくことが予想されます。

将来債権ファクタリングの流れ

ファクタリング会社が通常買い取るのは売掛債権です。
1ヶ月後の売掛金は請求が確定しているためファクタリング会社は買い取れますが、2ヶ月後、3ヶ月後に入金が見込まれる将来債権の買取は出来ません。
将来債権ファクタリングは2ヶ月後と3ヶ月後の将来債権を買い取ることが出来ます。ファクタリング会社への支払いも各債権の入金期日ですので、実質分割支払いが可能です。たとえば、毎月1000万円の売掛債権が発生するとしましょう。1ヶ月後は通常のファクタリングで買取できます。2ヶ月後の1000万円、3ヶ月後の1000万円の合計3000万円を調達することが可能です。支払いも1ヶ月後に1000万円、2ヶ月後に1000万円、3ヶ月後に1000万円と分割の支払いになります。

将来債権ファクタリングの敷居は高い

ほとんどの企業が将来債権を保有しているとは思いますが、将来債権ファクタリングが可能な将来債権はほんの一部です。
将来債権ファクタリングが可能な基準
・売掛先の信用度が極めて高い
大企業、有名企業、上場企業など信用度が極めて高い会社が望ましいです。
・今まで継続的に売掛先から入金があった
過去数年間、売掛先から毎月一定額の入金があった実績が必要です。今まで入金があったのだから急になくなることはないという考えです。
・将来債権の仕事を現在行なっている
現在、将来的に売掛債権になる仕事を行なっている必要があります。
このように将来債権ファクタリングは敷居が高いです。

まとめ

将来債権ファクタリングは魅力的なサービスですが、まだまだ浸透していないサービスです。今後確実に増えていきますので将来的に将来債権ファクタリングが行えるよう今の内から準備しておけば資金調達のカードが増えると思います。

TOPに戻る