whats

手数料に関わる「会社の信用度」とは?

       

ファクタリングを少しでも有利に利用するためには、手数料を引き下げることが必要です。ファクタリングは取引方法によっても手数料は大きく異なりますが、「2社間取引」「や「3社間取引」といった取引方法以外にも手数料を決定するものがあるのです。

今回注目するのは「会社の信用度」です。ファクタリングを利用するにあたり大きく関わってくるのが会社としての信用度であり、しかも手数料に大きな影響を与えます。

では実際に会社の信用度はファクタリング手数料にどのような影響を与えてくるのでしょうか?手数料を少しでも有利にしたい、と考えている方は必見です。

 

売掛先の会社の信用度とファクタリング手数料の関係性

・売掛先の信用度が高ければファクタリング手数料は有利になる

・売掛先の信用度が低ければファクタリング手数料は不利になる

注目してほしいのが「信用」が何を指しているのか、という部分です。

「信用」は「経営状況」を指しています。要は経営的にうまくいっている会社に関しては信用度が高いということになり、赤字経営をしている会社に対しては信用度が低いとなります。

なぜ会社の経営状況がファクタリング手数料に影響を与えてくるのでしょうか?

その理由は単純明快です。

ファクタリング業者は売掛金を購入し債権の所有者となります。そして期日に売掛金を回収することによって利益を確定させるのです。

売掛先の経営状況が良い、ということは売掛金が入金されてくる可能性が高い、ということになります。資金繰りが良いので、問題なく売掛金を支払ってくれるはずです。

しかし売掛先の経営状態が悪い、ということになると話は変わってきます。売掛先の経営状態が悪いということは売掛金の入金が遅れてしまうこともあるでしょう。入金してくれないようなことも考えられるかもしれません。

ファクタリング業者として利益がえられなければ意味がありません。よって売掛先の会社の信用度は手数料に大きな影響を与えるわけです。

信用度が高い会社であれば売掛金が回収できる可能性が高いので、手数料は低くても問題ありません。一方で信用度が低い場合には売掛金が回収できない可能性がでてくるので、リスクをヘッジ(回避)するために手数料を高くして対応するわけです。

 

ファクタリング申し込み会社の信用度も手数料に関わるのか?

関わります。

ただし3社間取引の場合は手数料に影響を与えません。影響を与えるのは2社間取引の場合のみです。

申し込み会社の信用度の手数料への影響は、なぜ2社間取引と3社間取引で異なってくるのでしょうか?こちらの理由も単純明快となっています。

まず2社間取引ですが、一度申込み会社が売掛先から売掛金を回収します。そのうえでファクタリング業者へ振り込むのです。回収した資金が使い込まれてしまうのをファクタリング業者は恐れているため、申込み会社の信用度を手数料に反映します。

3社間取引に関しては、売掛金の入金スタイルが全く異なります。3社間取引ですが、ファクタリング申込み会社は売掛金の回収には関わりません。実は売掛先から直接ファクタリング業者へ振り込まれることになるのです。よってファクタリング申し込み会社の使い込みが発生するわけがありません。リスクがないからこそ3社間取引の手数料は総じて低いのです。

 

手数料を有利にしたいなら信用度の高い売掛先の売掛金を利用しよう!

売掛先の信用度によって手数料に大きな違いがあることを述べました。

少しでも高額の資金調達をしたいと考えるのであれば、業績が好調な会社の売掛金を選んでください。そうすることで手数料を引き下げられるわけです。結果として高額の資金調達も可能になります。