whats

ファクタリングを利用するにあたっての注意点

       

ファクタリングは、資金調達方法の中では比較的新しくできたものです。
その為ファクタリングを完璧に知っている人はそう多くありません。
今回は改めてファクタリングを利用するにあたっての注意点をご説明していこうと思います。

【なるべくファクタリングは継続ではなく、一時的に使う方がいい】

最短即日で資金が調達できることが魅力のファクタリングですが、
その分、数ある資金調達方法と比べてしまいますと手数料は高めになっています。

一時的なキャッシュフローを改善するために利用し、一安心したとしても勿論期日には手数料をつけて返さなければいけません。
その為、先を見据えて利用をしないと手数料が高い分ずっとファクタリングを利用し続けないと経営が成り立たなくなってしまいます。
継続して使う内に手数料を下げてくれる会社もいますが、安定した経営をする為にもファクタリングを頻繁に利用することはファクタリング会社としてもあまりおすすめしません。
銀行融資の審査が降りるまでの繋ぎ資金で使うのが理想的かと思われます。
ご利用になる際は慎重に考えることを忘れないでください。

【ファクタリング会社に紛れて悪徳業者が紛れ込んでいる場合がある】

ファクタリング会社は融資を行っているわけではないので、貸金業法で規制されているわけではありません。
その為、金融庁への登録を行わなくても営業ができるのです。
なので悪徳業者が紛れ込んでいる場合があります。

悪徳業者の特徴といえば

・明らかに手数料が高い
・償還請求権がある
・ホームページがない
・法人用口座がない
・個人の携帯のみで会社の電話がない

上記となります。

この中で最も気を付けてほしいのが「償還請求権がある」という部分です。
もし検討しているファクタリング会社が「償還請求権があり」の場合は契約しないことをおすすめ致します。
ちゃんとしたファクタリング会社は、「償還請求権がなし」なので、買い取った売掛先が倒産したとしても支払いの義務はありません。
ファクタリング会社は、もしもの時のリスクも把握した上で契約を結んでいます。
ファクタリングを利用する際はファクタリング会社にとことん質問をすることをおすすめします。
ちゃんとしたファクタリング会社の場合は丁寧に説明をしてくれますが、悪徳業者の場合は曖昧な返答がきます。

安定した経営を目指すためにも親身に対応してくれるファクタリング会社を選びましょう。

TOPに戻る