whats

ファクタリングで即日資金化

       

即日対応しているファクタリング会社を選ぶ

早急な売掛金の資金化として現在注目を集めているファクタリング。

このファクタリング事業を展開する会社も都内を中心に徐々に増えつつあり、近年では即日対応を可能としているファクタリング会社がほとんどです。

 

しかし、ファクタリング会社の全てが必ずしも即日対応しているという訳ではありません。

どれくらいの期間で対応可能かは、各ファクタリング会社の公式ホームページに記載されていますので、即日での現金化を希望としているのであれば、その点をしっかりと確認するよう注意して下さい。

 

必要書類を予め揃えておく

必要書類の準備は、ファクタリングで即日資金化してもらう為の最も重要な項目となります。書類が予め揃っていれば、「審査」「ファクタリング契約」の手続きがスムーズに進められますので即日資金化も可能となります。

必要書類の中には、役所等で取り寄せる必要があるものもありますので、余裕をもって用意しておくと良いでしょう。

必要書類の詳しい情報は以下の通りです。

 

・身分証明書

運転免許証やパスポート、保険証などが該当します。

 

・成因資料

成因資料とは、売掛債権の根拠を示す資料の事を言います。

注文書・発注書・納品書・請求書などが該当します。

 

・売掛先との基本契約書

売掛先(取引先)との継続的な取引を行う場合などに結ぶ、基本的な条件を定める契約書です。

売掛先と基本契約書を結んでいない場合でも、ファクタリングは可能ですが、その場合は前もって担当者に連絡しておくのが無難です。

 

・過去の入金が確認できる書類

売掛先からの過去の入金が確認できる書類の事です。

売掛先との継続的な取引状況が確認できる書類は、ファクタリング会社が売掛先の審査を行う上で必要となります。

会社の通帳、またはWEB通帳、当座照合表などが該当します。

 

・商業登記薄謄本

会社の情報や事業内容などを証明する為の書類です。

正確には、商業登記薄謄本の電子データーを印刷したもので、正式名称は「登記事項証明書」です。

近くの法務局で取り寄せ可能で、WEB上からも請求する事ができます。

 

・納税証明書

その名の通り、納税の状況を証明する書類です。

2社間ファクタリングを行う際、お客様企業は売掛先から売掛金回収次第、ファクタリング会社にお客様企業から売掛金を支払うという取引になっています。

それがもし、納税などの滞納によってお客様企業の口座が差し押さえられた場合、ファクタリング会社は資金の回収ができなくなる可能性がでてきます。

そういったリスクを抑える為に必要となるのが納税証明書です。

近くの税務署で取り寄せ可能で、WEB上からも請求する事ができます。

 

・印鑑証明書

契約書に捺印された印鑑が自治体で登録されている本人の実印である事を証明する書類です。ファクタリング契約では、実印と、それを証明する印鑑証明書が必要です。

個人の場合は役所、法人の場合は法務局で印鑑証明書を請求できます。

印鑑登録が済んでいない場合は、印鑑登録の必要がありますので注意して下さい。

 

・業績が確認できる書類

納税証明書同様、ファクタリングの際に、お客様企業の倒産による貸倒れリスクを防ぐ為に必要となる書類です。

主に確定申告書や決算書のコピーなどが、この書類に該当します。直近2~3年分を用意しておくと良いでしょう。

 

2社間ファクタリングを契約する。

2社間ファクタリングは、お客様企業とファクタリング会社の2社間のみで取引を完結させるファクタリング方法です。

3社間と違い、売掛先企業の通知や説明、承諾書の回収といったフローが無い為、最短即日での資金調達を可能としています。

その反面、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも手数料が高く設定されていますので注意して下さい。

 

少額のファクタリング取引を行う

ファクタリング会社によっては、上限を5,000~1億円、もっとたかい上限金額を設定している場合もあります。この金額が大きくなればなるほど、貸倒れした際のファクタリング会社のリスクは膨大なものとなっていきます。

その為、1,000万円をこえるファクタリングは、審査に時間を有し、即日資金化が厳しくなる可能性が十分に考えられます。

もし、即日資金化を希望するのであれば、100~300万円ほどの比較的少額な取引を行う事をお勧めします。