【2019年版】IT業者のファクタリング活用術 | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

【2019年版】IT業者のファクタリング活用術

       

IT業界でも近年ではファクタリングによる資金調達が活発に行われています。まだ利用していない、という方もいるかもしれませんが積極的な活用をおすすめします。

でもまだ利用したことがない方であれば、どのような状況のときにファクタリングを利用したら良いいのかわかりませんよね。

今回はIT業者におけるファクタリングの活用術について詳しくお伝えしますね。
「どういったときに利用したらわからない」というIT業界の方は必見です。

納期に遅れてしまい入金が遅れてしまった時にファクタリングがおすすめ!

IT業界の場合は、期限に仕事が間に合わない、ということが非常に多いです。
システムなどを構築するのですが、クライアント側の意向などにより手間が増えて時間がかかってしまうことも少なくありません。

結果として、自分たちには責任がない状況で予定していた納期には間に合わなくなってしまう、ということも多いわけ。
納品をしたとしても、追加事項があったり修正があったりで、納期が1ヶ月伸びてしまうことも・・・

納期が延びてしまえばどうなってしまうでしょうか?
当然、請求も遅くなってしまいますよね。
当初予定していた請求日も後ろ倒しとなるので、入金も遅くなってしまいます。

でもコストの支払いって待ってもらえるでしょうか?待ってもらえませんよね。
クライアントに請求できない期間中でも社員への給与の支払いは行わなければなりません。
その他の各種コストも発生しているのです。

その時に資金に余裕があれば良いかもしれません。しかしいつも資金繰りが良いわけではありませんよね。クライアント側に前金を支払ってもらえるのであればまだ対応できるかもしれませんが、クライアント側の意向は基本的に納品後の支払いです。

そこで利用するのがファクタリングです。
ファクタリングであれば、入金前の売掛金が現金化できるので資金難の状況であったとしても売掛金があれば利用可能!

特に外注している場合には、外注先への支払いにも対応できるわけです。外注との関係悪化も避けられます。
ファクタリングは納期の遅れなどのケースにも有効活用できるので、もしものときには利用しましょう。

クライアント側から入金がなく資金難に陥った時にはファクタリングを利用しよう!

IT業界でありがちなのが貸し倒れです。
売掛金がある企業が急に倒産してしまう、といった事例が多くあるのです。

中小のIT業者となると、取引先の信用調査についてもそれほど行いませんよね。大きな会社であれば取引先の信用調査を実施してリスクが低いところとの取引を中心に行っていけるのですが、中小ともなると取引先は選べません。

そして売掛金の入金日になっても入金がないのです。
連絡をしてみると連絡がつかなくてそのまま倒産・・・。

このように売上が予定通り入金されなかったときにもファクタリングはおすすめですよ。

ただ貸し倒れになってしまった売掛金はファクタリングには利用できないので注意してくださいね。あくまで貸し倒れが発生していない売掛金のみが利用できるのです。

考え方を変えると「経営状態が怪しい」という業者を発見したら、ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか?リスクを回避することに繋がります。

ファクタリングで攻めの経営戦略をしてみる、ということもおすすめですよ。

仕事が急に増えた時にもファクタリングがおすすめ!

IT業界の場合は急激に仕事が増えることもあります。
仕事が急激に増えると、それに伴ってコストも発生してしまうのです。

コストが急激に高まると資金繰りが悪化してしまいます。
そのコストの支払いに対応するためにファクタリングを利用するのです。

急激に仕事が増えると外注にも支払いが発生しますよね。外注との関係を良好にするためにもファクタリングを活用しましょう。