whats

【2019年版】製造業者のファクタリング活用術

       

ファクタリング利用業者の中で、特に多くなっているのが製造業です。
製造業は景気に左右されますよね。景気が少しでも悪くなってしまうと、一気に仕事が少なくなって資金不足が発生してしまいます。
何らかに資金調達をしなければ会社が存続できない、という事も考えられるわけ。

では製造業者はどのような場面でファクタリングを利用すべきなのでしょうか?

こちらでは製造業者がファクタリングを活用すべきタイミングについてお伝えします。

先出しの製造費用の仕事を立て続けに請け負ってしまった場合

一定の前金を受け取った上で仕事を開始できれば大きな問題は発生しませんよね。
しかしクライアント側との力関係もありますし、様々な場面で前金を一切受け取らずに仕事を開始してしまう、ということもあるわけ。

特に前金なしの仕事を立て続けに請け負ってしまうと、出金が先に行われるような自体になってしまいます。

製造するにしてもコストはそれなりに発生しますよね。
原材料を取り寄せたり部品を取り寄せたり、といったことを行うはずです。それらの支払いも先延ばししてもらえればなんとか対応できるかもしれません。しかし支払いを待ってくれるとは限りませんよね。相手側は通常のタイミングでの支払いを望んでくるわけです。

製造業をしていると、人件費も気になってきます。仕事が増えると、よりたくさんの従業員を雇うことになります。その人件費は毎月必ず発生することに。
先出しの仕事であったとしても関係なく人件費は支払わなければなりません。

そのような状況に適した資金調達法がファクタリングです。
先出しで製造の仕事に入っているということは、すでに入金予定ですよね。その入金予定である売掛金を利用して資金調達をして先出し費用を賄っていけばよいのです。人件費もまかなえるはずですよ。

製造業に関しては、資金不足に陥ることも少なくありません。だからこそファクタリングについても選択肢の一つとして頭に入れておくことが肝心なのです。
とくに売掛金が大量にある場合には、その一部を現金化して、とりあえず利用できる資産を増やしておく、ということも企業防衛には欠かせない戦略の一つですよ。

支払いサイトが変更されて入金が遅れてしまった時はファクタリングを利用しよう

製造業の場合は、下請け・孫請ということもあります。
立場的にはかなり厳しいので、仕事をくれる側の言うことを聞かなければやっていけない、ということも少なくありません。

そこで大きな問題になってしまう可能性があるのが支払いサイトの変更なのです。
支払いサイトの変更とは、要は支払いを先延ばしされてしまうようなことですよね。
本来であれば1ヶ月後に入金予定のものが2ヶ月後に変更されてしまうようなケースです。
1ヶ月分の入金が後ろ倒しにされてしまうので、当然資金繰りは悪化してしまうことに・・・。

結果としてつなぎ資金も足りなくなり、資金がショートしてしまう事例も少なくありません。

そんなときに利用してほしいのがファクタリング。
支払いサイトが変更されたと入っても売掛金は存在しているわけですよね。よってその売掛金の入金速度を早めてやればよいのです。
ファクタリングであれば入金サイトの遅れにも十分に対応できますよ。

景気が悪い時にはファクタリングを利用しよう

景気が急激に悪化してしまった時にもファクタリングがおすすめです。
製造業は景気の波に左右されやすく、また景気が上向けば資金も増えますよね。
よって景気が悪くなった時には、ファクタリングで急場をしのぐ、といった方法がおすすめなのです。

製造業の場合は銀行融資を受けるのも簡単ではありません。その点ファクタリングであれば審査はそれほど厳しくありませんからね。

赤字であったとしてもファクタリングであれば利用可能ですよ。