自営業だとファクタリングの審査は緩い?即日で資金調達ができる理由についても | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

自営業だとファクタリングの審査は緩い?即日で資金調達ができる理由についても

近年、注目されているファクタリングサービスですが、法人化している会社のみでしか使えないと思っている方々も多いようです。しかし、法人化していない自営業でもファクタリングサービスは利用できます。むしろ独立したてのフリーランスや自営業は資金繰りで大変な思いをすることが多いのでファクタリングサービスを積極的に使っていったほうがよいでしょう。そこで、こちらの記事では自営業でもファクタリングサービスを利用できる理由や仕組みについて掘り下げていきたいと思います。

自営業でもファクタリングを利用できる理由

結論から言うと自営業でもファクタリングサービスは利用できます。

以前、ファクタリングサービスは法人向けのサービスとして発展してきましたので自営業などの利用は少ない傾向にありました。 というのも、ファクタリングの利用には主に取引先の信用が重要となっているからです。自分側に問題はなくても取引先で請求書が受理されなかったり、支払い能力が無いと判断されたりする場合はファクタリングを利用できない可能性がありました。特に自営業の場合、取引相手も自営業であるケースが少なくないでしょう。そうなると「忙しくて請求書を見ていない」とか「急に体調を崩して仕事が出来ない。支払いが間に合わないかも」といった不測の事態が起きかねません。このリスクがあるためファクタリングサービスを利用できないこともあるのです。しかし、法人間であれば、仮に社長が倒れても会社の経理部門は活動しているわけですから基本的に問題となりません。こう言った背景もあり自営業での利用が少なかったのです。しかし、最近では自営業での利用も増えてきています。自営業でも以下の条件を満たせば、ファクタリングサービスは簡単に利用できるでしょう。

①取引先が請求書を受理してくれた(確定債権)

②取引先の支払い能力に問題がない

上記の条件が満たされれば基本的にはファクタリングは利用可能です。

ファクタリングの審査が緩い理由

ファクタリングを利用する際にはもちろん自分側の審査もあります。しかし、 金融機関からの資金調達と比べると審査の基準は緩い傾向にあります。その理由は、大手のファクタリング会社が自営業を避ける傾向にあるためです。大手のファクタリング会社は「貸し倒れ」のリスクを極限まで下げるため審査を厳しくします。そうなると必然的に審査に通過できるのは管理が徹底された法人と言うことになるのです。では自営業の場合はどうでしょう。審査に通過できなかった自営業者は大手ではなく中小企業のファクタリング会社にお願いします。中小企業のファクタリング会社は、これから実績を積みたいためどうにかして利用して欲しいといった場合が多いです。そうなると審査の基準を下げて多くの人に利用してもらう方針を立てます。ただし、貸し倒れのリスクが高い分、利用手数料は高いといったデメリットもあるので理解しておきましょう。このような利害関係から自営業が利用する際は審査が緩くなるのです。

自営業がファクタリングサービスを選ぶ際のポイント

「信用の薄い中小企業のファクタリング会社って本当に大丈夫?」 「あまり聞きなれないから利用するのはためらうかも」 ここまで説明してきた内容でこのように感じた方もいるかと思います。ですが、主に3つのポイントを押さえておけば無理なくファクタリングを活用できます。

自営業向けのファクタリング会社を選ぶ

自営業に特化している会社もあれば法人と合わせて両方サービスを提供している会社もあります。そもそもファクタリングが利用できるのか、自営業での実績はあるのかは確認しましょう。

手数料が明確になっているファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングの際には手数料を取られます。売掛債権を売却して資金をもらう際に手数料を引いた状態で支払われます。例えば、1000円の売掛債権で手数料が10%だと手数料は100円ですね。なので、ファクタリング会社から支払われるのは1000円-100円=900円です。基本的に手数料は「一律10%」みたいに明記されている場合が多いです。ただし、中小企業など実績の少ない会社だと手数料の上限の記載がなかったり、後から「あれ?思ったより高かった…」となってしまいます。手数料は大体10〜20%あたりが相場ですので20%を超えてきたら注意しましょう。もちろん一桁台の業者もありますから、念入りにチェックしましょう。

闇金業者を見極める

ファクタリングで最も気をつけたいのが「闇金業者」の介入です。中小規模、零細規模のファクタリング業者を選ぶ際に「闇金業者」を選択しないことに注意して下さい。闇金業者を見抜くポイントは「売掛債権の買取」ではなく、「売掛債権を担保にしたローン」となったら「闇金業者」の可能性が高いです。ファクタリングはあくまで売却で負債を負わないシステムです。闇金業者の目的は、ローンとして負債を作り高金利で回収したいのです。ファクタリングの仕組みをよく覚えておけば回避できるので間違えないようにしましょう。 以上がファクタリングサービスを選ぶ際のポイントです。

自営業がファクタリングを利用するための条件

ここまで解説を聞いてファクタリングを利用してみたいと思った方もいるのではないでしょうか。ただ、自分のところはファクタリングを利用できるのかな?と懐疑的になる気持ちもわかります。自営業でもファクタリングの対象となる金銭債権を保有していれば利用可能です。金銭債権は金額や支払期日が明確であることはもちろんのこと、その債権をファクタリング会社に審査してもらって適用可能だと認めてもらうことも必須となります。その後、ファクタリング会社から提示される必要書類を用意しなければなりません。 大半の場合、提示される必要書類は下記になります。

 本人確認書類

 契約書や請求書などの対象となる債権に関する資料

 ファクタリング利用者の確定申告書類や預金通帳など

時間短縮のためにもファクタリング会社に問い合わせする前に手元に用意しておくといいでしょう。あとはファクタリング会社に直接問い合わせして、他に必要な書類があれば随時用意してください。

まとめ

この記事でのお伝えしたことをまとめます。

 自営業でも確定債権があればファクタリングサービスはほぼ利用できる

 中小企業のファクタリング会社だと利用実績を積みたいため審査は緩め

 利用時は自営業向けであること、手数料が明記されていること、闇金業者でないことを確かめてから利用会社を選ぶ

 金額と支払期日が明記されている金銭債権を保有していることが利用条件

今回は自営業におけるファクタリングの内容を解説してきました。ファクタリングサービスを検討している自営業の方はまず当サイトのお問い合わせページからお気軽にご相談ください。

TOPに戻る