合同会社の資金調達にファクタリングがおすすめの理由!なぜ他と比べて審査が緩いのか? | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

合同会社の資金調達にファクタリングがおすすめの理由!なぜ他と比べて審査が緩いのか?

近年、合同会社が増加する傾向が強くなってきました。合同会社は資金的なメリットが大きく設立のハードルが低いために、株式会社ではなく合同会社を選ぶ人が増えているのです。しかしながら、合同会社は資金調達に苦労することが多いのです。そこで今回は、合同会社の資金調達方法とファクタリングとの相性についてご紹介していきたいと思います。

合同会社は資金調達がしにくい?

合同会社は信用力が低く、銀行融資による資金調達が困難です。銀行融資で最も重視されるのは返済力であり、返済力は「収益力」と「財務力」によって考えます。収益力が高ければ利益からしっかり返済でき、財務力が高ければ収益が低下した場合にも手元の資産から返済できるというわけです。合同会社は簡単に設立できることがメリットですが、これは手元資金が乏しい状態でも設立できることを意味します。このため、銀行は合同会社に対して「財務的に脆弱」という見方をすることが多く、審査には通りにくくなってしまいます。また、意思決定の自由度が高いことも問題として挙げられます。意思決定が自由であることは、組織が閉鎖的であることにもつながります。合同会社ならば、官報に決算情報を公示する義務もありません。銀行は会社の信用を見極めて融資するため、会社の情報をできるだけ詳しく知りたいと考えます。合同会社に対しては、「閉鎖的で実態が掴みにくい」という前提に立って審査する必要があるため、どうしても審査のハードルが上がります。ちなみに株式会社は銀行融資以外だと株式を発行することで資金を調達できます。株式を上場すれば、多額の資金調達も可能です。多額の資金を調達して大規模事業に取り組めば、業績を大きく伸ばすことができます。それに伴って市場や金融機関からの評価が高まり、資金調達環境はさらに良くなっていくでしょう。柔軟に資金を調達して事業に投入し、さらなる成長を目指すという好循環を生み出すこともできます。これに対し、合同会社は株式発行などによる大規模な資金調達ができません。社債の発行は可能ですが、合同会社は閉鎖的であるため社債の引受人を集めるのに苦労するのが実情です。したがって、大規模な事業に取り組むことが難しく、株式会社のような好循環も生まれません。一般に合同会社が小規模事業向けの法人形態といわれるのも、これが理由です。

合同会社の資金調達にファクタリングがおすすめの理由

ファクタリングは、売掛金さえあれば資金を調達できます。合同会社でも、商売を続けている限り、半永久的に売掛金が発生し続けます。つまり、ファクタリングならば、いつでも、いつまでも資金調達をすることができるということです。もちろん、基本的に資金繰りが良好な状態であり、なおかつ優良ファクタリング会社を利用していることが重要です。資金繰りが悪い状態である、あまり良くないファクタリング会社を利用しているといった場合には、ファクタリングをすればするほど状況が悪化していく可能性もあります。合同会社では、ファクタリングを積極的に活用するだけではなく、ファクタリングによって資金繰りを良くする環境を作っていくことも重要であるといえます。

なぜファクタリングは審査が緩いのか

ファンタリングの審査は融資・借入と比べて緩いので利用しやすいと言われています。それはすでに商品を売り上げて得た「売掛金」があって現金化されていないが、現金と同等の価値があるものを有している部分があるからです。つまり融資等により借りたお金を返済する能力があるかないかとは別のところに問題があり、審査基準自体が異なることが最も大きな要因です。そこでファクタリングにとって重要となるのは売掛金を有する会社の信用力よりも、これから期日に支払いを行う取引先の信用力の方がウエイトが高くなります。売掛金を売却した会社が万一倒産しても取引先がしっかりしていればファクタリング会社は取引先から回収できるのです。つまりお金を持っているのは取引先であって、売却する会社にとって売掛金は現金と同等の価値であるとはいえ、審査の時点では回収する権利を有するだけであってファクタリング会社にとって最大のリスクは、取引先(売掛金の会社)が何らかの事情により債務不履行になること(倒産等により支払不能になること)で売掛金回収ができなくなることなのです。すなわちファクタリング会社の最大のポイントは売掛金を回収できるかであって、融資・借入など利用者の信用力を重視する銀行などの審査とは異なり、取引先の信用力が高ければ審査に通る可能性が高くなります。これがファクタリングの審査が緩いと言われる理由であります。

合同会社からの売掛金はファクタリングできる?

ファクタリングとは、会社が保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうこと(債権譲渡)で、売掛債権の期日より前に現金化ができる資金調達方法です。ファクタリングは、16世紀のイギリスで生まれ、20世紀にアメリカで普及し、1970年代に日本に取り入れられました。当時の日本の商取引では、手形が利用されていたためファクタリングは普及しませんでした。しかし、バブル崩壊をきっかけに手形の利用が減り、売掛債権を現金化する手段としてファクタリングが利用されるようになりました。日本の商取引では、1か月分の取引をまとめて掛け取引にすることが多いのです。例えば、1月に商品提供が10回あったとしたら、1月末に締めて翌月末に1か月分を支払ってもらうイメージです。そのため、商品やサービス提供をしてから実際に売掛債権を回収するまでには、通常30日~60日程度かかります。売上があってもその前に買掛金や人件費などの費用を支払う必要があるので、売掛金回収までの期間は手元資金がないと資金繰りが苦しい状態になります。そのため、ファクタリングは自己資本が少なく手元資金が不足しがちな中小企業にとって、画期的な資金調達方法なのです。現在では、メガバンクなどの大手金融機関グループ会社でもファクタリングサービスを取り扱っており、中小企業だけではなく大手企業も活用しています。また、インターネット上で申し込みから買い取りまで完結するオンラインファクタリングが普及し始めています。オンラインファクタリングは、対面の面談が必要だった従来のファクタリングより利用しやすいでしょう。したがって中小企業である合同会社からの売掛金はファクタリングができることになります。

合同会社の資金調達はファクタリングで

合同会社は、簡単に設立できること、自由度の高い経営ができることなど、株式会社にはないメリットがあります。これらのメリットが、資金繰り面では大きなデメリットとなります。資金調達が難しいため、慢性的な資金繰り難に苦しむ合同会社も少なくありません。この資金繰り難は、合同会社の性質によるものですから、資金繰り改善が困難です。ファクタリングは、合同会社の資金繰りの特効薬になります。資金繰り改善に苦労してきた合同会社が、ファクタリングによって資金繰りの改善・維持に成功した例は数多くあります。資金繰りに苦労している合同会社は、ファクタリングの活用をおすすめします。

TOPに戻る