ファクタリングは少額でも利用可能?個人でも即日で資金調達できるのか調査 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングは少額でも利用可能?個人でも即日で資金調達できるのか調査

ファクタリングとは、売掛債権(未入金の請求書など)の買い取りをしてくれるサービスのことです。銀行で融資を受けることが厳しい事業者や、急いで資金調達をしたい事業者にとって心強いサービスとなっています。資金調達と聞くと大金じゃないと利用できないのではないかと思われがちですが、ファクタリングではそこまで大金じゃなくても資金調達ができるのです。こちらの記事ではファクタリングを使った少額資金調達について掘り下げて解説していきます。

少額でもファクタリングで資金調達が可能

見出しの通り、結論からいうと「少額でもファクタリングで資金調達は可能」です。ただし、全ての運営会社で少額利用できるわけではありません。ですので、少額のファクタリングサービス利用で資金調達したい方は、少額債権を取り扱っている業者を選びましょう。なお、「少額でもいいからすぐに資金調達をしたい!」「銀行から融資を断られてしまった!」という事業者の中で、未入金の売掛債権がある場合、ファクタリングサービスはおすすめの資金調達方法といえるでしょう。

少額利用できるファクタリングサービスの特徴

少額利用できるファクタリングサービスの特徴をメリット・デメリットに分けてご紹介していきます。

少額ファクタリングサービスのメリット

現金化するまでの期間が短い(即日振込できる業者がほとんど)

最短で45分というかなりスピーディーな対応をしている業者もあります。少額でのファクタリングを取り扱っている業者のほとんどが、即日振り込みを売りにしているので、少額でも資金調達を急いでいる方には心強いサービスと言えます。ただし、初回利用時は即日対応を行っていない業者もあるので注意しましょう。

1万円から利用可能な業者が多い

中には数千円という少額債権の取り扱いをしている運営会社もあります。少額でもファクタリングできる業者の多くは取引下限額を1万円に設定しています。売掛債権があれば、少額でもファクタリングサービスの利用は可能です。

ネットで完結できる業者が多い

24時間365日、いつでも対応を行っている業者もあります。わざわざ窓口まで行って手続きをするという手間が省けるので、ネットで完結できることは忙しい事業者にとって使い勝手が良いサービスです。むしろ、対面式で申し込みをしようとすると別に諸費用がかかってしまうケースもあるので、ネットで申し込みが完結できることは大きなメリットと言えるでしょう。

少額ファクタリングサービスのデメリット

手数料が割高な運営会社が多い

少額のファクタリングにおいて手数料はかなり重要なポイントの1つです。せっかく10,000円で売掛債権を買い取ってもらえても、20%の手数料を取られてしまえば実質買取り額は8,000円になってしまいます。20%ならまだしも、手数料の上限を明示していない運営会社もあるので、手数料のパーセンテージには注意して申し込むことが望ましいです。

少額ファクタリングを利用する際の注意点

少額ファクタリングを利用する際の注意点は以下の3つです。

1. 適用される手数料率は審査してからでないとわからない

2. 諸費用の額とその内訳をきちんと確認する

3. 返済する際は、買い取られた金額の全額を一括で送金する必要がある 順に解説していきます。

適用される手数料率は審査してからでないとわからない

手数料は上記にも記載している通り少額ファクタリングにおいてかなり重要なポイントです。しかし、実際に適用される手数料率は審査してからでないと知ることはできません。 ちなみに、手数料率の相場は、2社間取引で5%〜20%、3社間取引で1%〜9%程度で考えておくのがいいでしょう。急ぎで資金調達する際は2社間取引の方が即金性を期待できるので、手数料が割高になってしまう可能性が高いです。なるべく手数料を抑えるためにもきちんと手数料率が明示されている業者を選ぶのが無難と言えます。

諸費用の額とその内訳をきちんと確認

上記では手数料について解説しましたが、売掛債権の売却には手数料だけでなく「諸費用」の支払いを求められるケースがあります。その際には、きちんとその諸費用の内訳と額を確認しましょう。詳細が確認できなければ業者に問い合わせ、少しでも対応がおかしいと感じたらその業者の利用は避けるべきだと言えます。

返済する際は、全額を一括で送金する必要がある

2社間でファクタリングを利用した際は、その事業者に返済義務が生じます。少額のファクタリングは2社間での取引が行われるケースが多いので、詳しく解説していきます。まず、返済日(支払い期日)は売掛金を入金されてからおよそ10〜15日以内の返済となるように設定されることが多いです。そしてここが重要なポイントで、ファクタリングは売買契約であり貸金とは全くの別物です。ですので、返済を分割で行うことは貸金に当たってしまう行為なので法律上禁止されています。しかしながら、返済の「遅延・先延ばし」については承諾してもらえる可能性はあります。どうしても支払いができない状況であれば、速やかに業者に問い合わせてみましょう。また、2社間取引でよく問題となるのが「返済するはずの売掛金の使い込み」です。売掛金が支払われたら、速やかに業者に返済することでこの問題は簡単に避けることができます。「少額だし大丈夫だろう…」と安易に考えて返済を怠ると、最悪の場合法的な措置を取られてしまうので要注意です。

少額ファクタリングサービスの選び方のコツ

1. “償還請求権なし”と明示している業者を選ぶ

2. 手数料を明示している業者を選ぶ

3. 少額利用も可能な業者を選ぶ

4. 個人事業主・フリーランスでも利用できる業者を選ぶ 順に解説していきます。

“償還請求権なし”と明示している業者を選ぶ

償還請求権とは、債務者(取引先)から売掛金の支払いがなかった際に、債権者(事業者)に損害の補償を求めることができる権利のことを言います。この権利を「なし」と明示しているということは、簡単にいうと取引先が倒産してしまった場合などに事業者は返済する必要がなくなるということです。なので、償還請求権の有無ついてはよく確認しておきましょう。

手数料を明示している業者を選ぶ

これはしつこいようですが、手数料は重要なポイントなので、きちんと上限が明示してある業者を選びましょう。

少額利用も可能な業者を選ぶ

少額利用をしたい方にとっては当たり前のことですが、業者によっては売掛債権の最低買取り額が100万円〜という業者もあります。少額利用するのであれば、売掛債権買い取り額の下限についてよく確認しましょう。

個人事業主・フリーランスでも利用できる業者を選ぶ

法人のみとの取引しか行わない業者もありますので、個人でも利用できるのかきちんと調べてから利用するようにしましょう。

少額ファクタリングを利用したい方はまずご相談ください

ファクタリングは、少額でも利用できるのか疑問に思っている事業者は少なくありません。しかし、業者によっては少額でも利用は可能です。また、資金調達を急いでいる事業者にとってファクタリングは即金性のある心強いサービスです。ただし、あまり急いでいるからといって業者選びを雑にしてしまうと、高額な手数料や諸費用を取られてしまう可能性があるので注意しましょう。また、自分で業者選びをすることに少しでも不安を感じているという事業者様は、当サイトまで気兼ねなくお問い合わせください!

TOPに戻る