ファクタリングと取引信用保険の違いを解説!保険料の相場はどれくらい? | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングと取引信用保険の違いを解説!保険料の相場はどれくらい?

取引信用保険とは?保険料の相場は?

取引信用保険とは、取引先の破産により売掛金を回収できないリスクに備える保険です。取引先の破産により売掛金または受取手形を回収できず、損害が発生した場合に保険金が支払われます。企業間の取引のほとんどは、代金が決まった日付までに支払われるオンアカウント取引です。 口座取引では、商品の販売から代金の受け取りまでの期間があり、様々なリスクが発生する可能性があります。たとえば、売掛金が回収される前に取引先が倒産した場合、会社は売上を得ることができなくなります。売上が得られない場合、会社のキャッシュフローが悪化し、経営に支障をきたす可能性があります。黒字であっても、会社のキャッシュフローが悪化し、現金を使い果たした場合、破産するでしょう。また、他の取引先の売掛金を支払えない場合があり、不便になる場合があります。取引信用保険に加入していれば、損失を保険金でまかなうことができるので、キャッシュフローの悪化を防ぐことができます。

取引信用保険料の相場

取引信用保険の相場は、保険会社が設定した支払限度額の1〜3%です。例えば、支払限度額が1億円で保険料率が3%の場合、年間保険料は1億円×3%=300万円になります。 保険料率は、加入者とそれを扱う保険会社によって異なります。また、保険料率は、報酬の対象となる取引先の数や取引先の信用情報により決定される場合があります。

取引信用保険のメリット

取引信用保険に加入することには3つのメリットがあります。

キャッシュフローの悪化を防ぐ

取引信用保険に加入している場合は、取引先が倒産して売掛金を回収できない場合でも、保険金でカバーすることができます。保険金を受け取ることで、キャッシュフローの悪化を防ぎ、資金不足のリスクを減らすことができます。また、取引信用保険に加入する場合は、保険料の支払いが必要になりますが、貸倒損失を防ぐことができます。貸倒れによる多額の損失は、毎年保険料の固定費に平準化することができます。取引信用保険の保険料は控除額として計上することができます。

取引先からのクレジットの増加

売掛金が回収できない場合、供給者、金融機関、株主等が資金不足を懸念します。取引信用保険に加入し、売掛金を保護すれば、金融機関などの利害関係者は、この会社の貸倒リスクが低いと評価しやすくなります。また、取引信用保険に加入して信用力が高まると、取引先をさらに拡大し、金融機関から追加融資を受けることができます。取引信用保険に加入していることは、取引先に通知されません。したがって、取引先に不快感を与えることを心配する必要はありません。

取引先の与信管理を強化する

専任部署がある場合でも、取引先の与信状況を把握することは困難です。自分の力で貸倒れのリスクを減らすのは簡単ではありません。取引信用保険に申し込む際には、保険会社が取引先を審査しますので、取引先の与信を会社自身の与信管理と二重に確認することができます。取引信用保険に加入した後も、保険会社がお客様の信用情報を提供します。取引先の信用が心配な場合は、取引の削減や実際の被害が発生する前の被害の管理など、経営上の意思決定に役立ちます。

取引信用保険のデメリット

一方、取引信用保険には以下のようなデメリットがあると考えられます。保険に加入するかどうかを決める前に、取引信用保険の不利な点を理解することが重要です。

保険会社による与信審査が必要

取引信用保険に加入する場合は、保険会社による取引先の与信審査を受ける必要があります。審査の結果によっては、補償額がお手元に届かない場合や、保険料が高くなる場合があります。また、保険会社が破産または破産のリスクが高いと判断した場合、補償されない場合があります。

補償は特定の取引先にのみ適用できない

取引信用保険に加入する場合は、対象となる取引先を「すべての取引先」、「10社以上」、「販売会社上位10社」などで指定してください。また、商品や事業内容によっては、補償対象となる取引先を指定する場合があります。したがって、特定の取引先のみを補償対象として指定することにより、取引信用保険に加入することはできません。

取引信用保険を利用する際の義務

取引信用保険を利用する場合は、保険会社に通知する義務があります。たとえば、取引先の経営陣が傾いていることがわかっていて、それを報告せずに取引信用保険を利用している場合、取引先が破産したとしても補償されません。取引先の信用情報についての真実を報告してください。

ファクタリングと取引信用保険の違い

ファクタリングは、未回収の売掛金を売却して現金化できるサービスです。ファクタリングを使用することにより、お金を借りることなく資金を調達することができます。主な違いは、取引信用保険は売掛金を回収できない場合の補償であり、ファクタリングは資金調達の手段であるということです。また、取引信用保険は、保険料を前払いし、取引先が倒産した場合に保険金を支払う仕組みです。一方、売掛金を売却する場合、ファクタリングは手数料を請求します。取引信用保険の保険料は、顧客の支払限度額の1〜3%ですが、ファクタリング手数料は売掛金の約10〜30%です。一般的な比較を行うことはできませんが、ファクタリングは取引信用保険よりも費用がかかる傾向があります。

取引先の対象の違い

取引信用保険とファクタリングの最大の違いは、取引先の選択基準にあります。ファクタリングにより、契約者は対象とする取引先を任意に選択できます。「最近、X商事とY物産の噂が良くないので、ファクタリングを手配しましょう」と言えます。一方、取引信用保険では、対象となる取引先を恣意的に選択することはできません。ただし、ファクタリング保証料は任意に選択できるため、取引信用保険よりも高くなる傾向があります。会社の取引状況から、どの商品が適切かを判断する必要があると思います。

保険料・手数料の違い

取引信用保険は売掛債権の保険であり、ファクタリングは売掛金の売買・譲渡と異なりますが、この違いが保険料と購入手数料の差です。取引信用保険の場合、平均保険料は年間1%から3%です。ただし、これは年率です。一方、ファクタリングの場合、2社間の取引で、購入手数料は10%から30%高くなります(3社間取引の場合は1%〜5%)。ただし、これは売掛金に対する購入比率です。

売掛債権の違い

取引信用保険の場合、保険の対象となる売掛債権の範囲は、売掛金と各種請求書です。一方、ファクタリングの場合、購入する売掛債権は主に法人が所有する売掛金です(例外的に、一部の企業は個人事業主から売掛金を購入します)。

貸倒リスクを回避するには保証ファクタリングサービスがおすすめ

取引信用保険に加入している場合、取引先からの売掛金を回収できないときに保険金を支払うことができます。売掛金を回収できない場合、1社でもキャッシュフローの悪化や連鎖倒産に見舞われる可能性があります。このようなリスクを回避するためにはファクタリングサービスを利用するのがオススメです。資金繰りの負担を少しでも減らすためにもファクタリングサービスの利用をご検討ください。
TOPに戻る