ファクファクタリングが投資の資金調達に適している理由とは?あわせて投資目的で利用する際の注意点についても解説タリングが投資の資金調達に適している理由とは?あわせて投資目的で利用する際の注意点についても解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングが投資の資金調達に適している理由とは?あわせて投資目的で利用する際の注意点についても解説

ファクタリングと投資の関係性

企業の主な資金調達方法は、銀行からの融資ですが、銀行からの融資は使用用途の制限が厳しく、調達した資金を投資に利用できない可能性があります。そのため、使用用途の制限がないファクタリングが、投資目的の資金調達に適しているのです。

投資とは

中小企業における投資は、主に「設備」「人材」「IT」への投資を行い、資金を投じることで事業の拡大・成長を図り、投じた資金以上の大きな利益を回収する目的で行われています。最近では、政府が推奨している働き方改革に寄り添うため、「AI」や「ロボット」に投資を行う企業が増加傾向にあります。また、日本国内の人口は減少傾向にあり、今後各業種で人材不足が懸念されるため、「AI」や「ロボット」への投資は今後も増加していくでしょう。

投資目的のファクタリングとは

ファクタリングとは、保有している売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、本来の売掛金の支払期日よりも早期に現金化することができるサービスです。ファクタリングを利用することで、支払いサイトを短縮することができるため、資金繰りの改善や手元の資金が不足している場合に利用されることが一般的です。一方、投資目的のファクタリングとは、ファクタリングの利用により早期に現金化した資金を投資に回すことでさらなる業績の向上を図ることです。しかし、ファクタリングの利用には手数料がかかるため、手数料以上の利益が見込める場合のみ、投資を行う必要があります。

ファクタリングが投資の資金調達に適しているケース

ファクタリングは、資金繰りの改善や手元の資金不足を解消することができるうえに投資目的でも利用することができる資金調達方法です。しかし、投資目的でファクタリングを利用し、失敗した場合には大きな損失を被ることになります。そのため、ファクタリングが投資の資金調達に適しているケースについて理解しておきましょう。

投資によって手数料以上の利益が見込める

ファクタリングが投資の資金調達に適しているケースの1つ目は、投資によってファクタリング手数料以上の利益が見込めるときです。ファクタリングを利用する際は、融資よりも比較的高額な手数料がかかります。そのため、投資によってそれ以上の利益を出すことができなければ、かえって損失となってしまいます。投資目的でファクタリングを利用する際は、事前に投資によって見込める利益を計算し、ファクタリング手数料以上の利益が見込める場合のみ利用するようにしましょう。また、投資によって利益を見込めるけど、手元の資金がないという場合もファクタリングの利用をおすすめします。ファクタリングは最短即日で資金調達を行うことができるため、急いで投資を行いたい場合でも、資金を準備することが可能です。

資金繰りが安定している

ファクタリングが投資の資金調達に適しているケースの2つ目は、資金繰りが安定しているときです。ファクタリングを利用すると、本来の支払期日に受け取る予定だった金額から手数料を差し引かれてしまうため、実際に受け取る金額は少なくなってしまいます。そのため、資金繰りが悪化している状況でファクタリングを利用してしまうと、さらに資金繰りを悪化させてしまう可能性があります。しかし、資金繰りが安定している場合であれば、投資により損失を受けた場合でも、早期に改善することが可能であるため、ファクタリングの利用は投資目的に適している資金調達方法といえるでしょう。

売掛金の額面が少額

ファクタリングが投資の資金調達に適しているケースの3つ目は、売掛金の額面が少額のときです。ファクタリングを利用する際の手数料は、「売掛金に対して○○%」という形で計算されるため、売掛金の額面が多額であるほど差し引かれる手数料は高くなってしまいます。手数料が高くなっても、それ以上の利益を見込める投資であれば問題ないのですが、必要以上の売掛金を現金化し、無駄な手数料を支払うことは避けておく必要があります。ファクタリング会社の中には、売掛金のうち指定した金額だけを現金化することができるものもあるため、投資にかかる金額以上の現金化は行わないようにしましょう。

ファクタリングが投資の資金調達に適している理由

ファクタリングによる資金調達を行った場合、使用用途の制限がないため、事業の拡大・成長に向けてさまざまな分野に投資を行うことができます。また、ファクタリングは経済産業省が推奨している資金調達方法であり、今後ますます普及していくサービスであるといえます。そんなファクタリングが投資の資金調達に適している理由は以下のとおりです。

現金化スピードが早い

ファクタリングは、融資などの資金調達方法と比較すると現金化スピードが早いため、少しでも早く投資に使用する資金を調達したい方にはおすすめの資金調達方法です。現代のビジネスの流れは、依然と比較すると格段に速くなったため、資金調達だけではなくビジネスチャンスや事業効率化への投資もスピード感が重要となります。そのため、急な受注や投資に必要な資金を早期に調達することができるファクタリングは、現代のニーズに合っている資金調達方法だといえます。

審査が緩い

ファクタリングの審査は、融資よりも緩く、債務超過や税金の未払いなどがある信用力の低い企業でも利用することができます。なぜなら、ファクタリングの審査は「売掛先」の信用力や経営状況を重視しているからです。そのため、融資を断られた場合でも、ファクタリングを利用することで、投資に使用する資金を準備することができます。信用力の低い企業は、利用できる資金調達方法が限られているため、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性が非常に高いです。どうしても受注したい案件や利益が見込める投資策があるのであればファクタリングの利用をおすすめします。

使用用途の制限がない

ファクタリングで調達した資金には、原則使用用途の制限がありません。そのため、ファクタリング会社に使用用途に関して説明する必要がなく、調達した資金の使い道は自由となっています。一方、銀行からの融資の場合、申し込みの際に使用用途について明確にする必要があります。そのため、使用用途を「投資」として申し込んだ場合、融資を断られる可能性があります。また、使用用途を「投資」以外で申し込んだ場合、調達した資金を投資に利用することはできません。調達した資金を自由に利用したい場合は、ファクタリングの利用をおすすめします。

返済義務がない

ファクタリングは融資と異なり、「借入」ではありません。融資の場合は、借入にあたるため毎月返済を行わなければいけません。また、毎月の返済に利息が発生するため、トータルで見ると借入れた金額以上の金額を返済しなければいけません。一方ファクタリングの場合は、借入ではないため返済義務がありません。また、手数料を支払うタイミングも一度きりであるため、返済に掛かる手間もありません。

ファクタリングを投資目的で利用する際の注意点

上記で述べた理由から、ファクタリングは投資目的の資金調達に適しているといえますが、利用する際は注意点についても理解しておく必要があります。ファクタリングを投資目的で利用する際の注意点は以下のとおりです。

手数料が高い

ファクタリングの手数料は、融資の利息と比較すると高い傾向にあり、年率に換算すると100%を超えるケースも珍しくありません。そのため、高額な手数料を超える利益が見込めないのであれば、ファクタリングを投資目的で利用することは控えておいた方がよいでしょう。また、ファクタリングは「貸金業法」や「銀行法」といった法律が適応されないため、上限手数料が定められていません。そのため、ファクタリング会社がいくら高い手数料を提示したとしても、それは法律違反にはなりません。ファクタリングを投資目的で利用する際は、「優良業者」と「悪徳業者」を見極め、できるだけ手数料が低いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

無計画な利用は資金繰りを悪化させる

ファクタリングは、資金繰りの改善に役立つ資金調達方法ですが、無計画に利用すると逆に資金繰りを悪化させてしまう可能性があります。なぜなら、本来受け取ることができる金額から手数料が差し引かれるからです。ファクタリングでは、売掛金に対して手数料がかかるため、売掛金が高額であればあるほど資金繰りを悪化させてしまう可能性が高くなります。ファクタリングを投資目的で利用する際は、今一度手数料以上の利益が見込めるのか確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、ファクタリングが投資の資金調達に適している理由と投資目的で利用する際の注意点について解説させていただきました。ファクタリングは、どの資金調達方法よりも早期に資金を調達することができるため、投資を行いたいタイミングで資金を得ることができます。また、使用用途に制限がなく、得た資金を好きなように利用することができるため、投資に適した資金調達方法だといえるでしょう。しかし、無計画に利用してしまうと資金繰りの悪化につながる可能性もあるため、投資によって見込める利益を加味したうえで利用するようにしましょう。

TOPに戻る