whats

3つの売掛債権流動化を解説|ファクタリング・売掛債権証券化・売掛金担保融資

       

売掛債権流動化は会社の経営のためにも欠かせないものです。

売掛債権の貸倒れが発生した経験がある方、回収の遅れを経験した方も多いのではありませんか?その時は困ったはずです。予定していたものが入金されないということで、資金繰りに問題を抱えてしまったのではありませんか?

そんなときに企業を守るための一つの対策法となるのが売掛債権の流動化なのです。売掛債権を流動化させることで、売掛金などの貸し倒れリスクに対処できます。

ただし全ての売掛債権流動化で問題が解決するわけではありませんよ。
そもそも複数の売掛債権流動化があるのです。

こちらでは

 ファクタリング
 売掛債権証券化
 売掛金担保融資

の3つの売掛債権流動化について明らかにしますね。

売掛債権流動化1つ目|ファクタリング

売掛金を売却することで資金を受け取るのがファクタリングです。
ファクタリングであれば「償還請求権なし」に設定されているので、貸し倒れリスクは一切ありません。業者側が貸し倒れリスクを承知した上で買い取りを行っているのです。

ファクタリングの場合は、売掛先の信用によって手数料率などが決定します。売掛先が大企業であったり黒字経営であったりして信用が高ければ、手数料率は低く設定されます。

一方で中小企業であったり赤字経営であったりすると信用が低いということになり、手数料率は高くなってしまうのです。

ファクタリングは、早期現金化できる資金調達法としても有名です。最短即日対応も業者によってはしてくれます。

売掛債権流動化2つ目|売掛債権証券化

売掛金を証券化することによって資金化するのが売掛債権証券化です。

少し特殊な売掛債権流動化であり、まずはSPVという特定の目的法人に売掛金を譲渡します。SPVは譲渡された売掛債権の信用力を調査し、その上で対価を支払うことになるのです。

基本的には売掛金を譲渡していることになるので、ファクタリングに近い資金調達法、といえます。

SPVは売掛金を元にして証券を発行し投資家に販売することで利益を得ることに。
簡単に言ってしまえば、SPVは売掛金保有会社と投資家の仲介役をしているのです。

売掛債権流動化3つ目|売掛金担保融資

売掛金を担保にして融資を受けることを売掛金担保融資とよんでいます。

担保として一般的なのは不動産でしょう。他にも有価証券等、資産であれば担保に入れられるケースが有るのです。

では売掛債権はどうでしょうか?貸借対照表の流動資産のところに記入していますよね。よって売掛金も担保として利用して問題ない、ということになるのです。

ただしあくまで融資である、というところには注目しなければなりません。借金なので、返済をしなければなりません。ここまで紹介したファクタリングであるとか売掛債権証券化とは少し内容が異なってきてしまうのです。

仮に返済ができなかった場合には、担保である売掛債権で弁済しなければなりません。さらにもう一つ注意しなければならないのが貸し倒れのリスクです。

ファクタリングの場合は「償還請求権なし」に設定されているので、貸し倒れても自社で損失を補填する必要はありません。でも売掛金担保融資はあくまで売掛金を担保に入れているだけ。売掛金を金融機関に譲渡しているわけではありません。よって貸し倒れてしまった場合には、自社が損失をおうことになってしまうのです。

売掛金担保融資には一定のリスクが有る、ということは理解しておきましょう。

どの売掛債権流動化がおすすめなの?

安全を重視しているのであればファクタリングです。
審査難易度も高くないので、融資が断られてしまった経験がある会社でも問題はありません。

TOPに戻る