whats

資金ギャップが発生したらファクタリングがおすすめ!

       

ファクタリングがよく利用されるケースについてお伝えします。

 

ファクタリングを利用するときですが、本当に自社の資金調達法としてファクタリングが適しているのか、ということを把握しておかなければなりません。もしかしたら他の資金調達法のほうが適しているかもしれないのです。

 

今回はファクタリングがよく利用される「資金ギャップによる資金難」についてお伝えしますね。

 

そもそも資金ギャップとはどういったものなのでしょうか?

なぜ資金ギャップ時にはファクタリングによる資金調達がおすすめなのでしょうか?

 

ファクタリングの有効活用方法を知りたい、という方は必見です。

 

 

資金ギャップってなんだ?

 

入金と出金に大きなタイムラグが発生することを資金ギャップと呼んでいます。

 

たとえば1月1日に仕入れた商品を1月10日に売却したとします。

仕入れた商品の支払いが2月1日に発生し、売上金の入金は4月1日だとします。

 

支払いが先に来ることになり、しかも支払いから入金までには2ヶ月もかかることになります。このような状況がまさに資金ギャップとなるのです。

 

もちろん取引を行う上では、その取引にかかった仕入れ代金などは先に支払うことになります。売上金はあとから入金してくるのです。しかしその期間に開きがあればあるだけ資金ギャップがある、ということになってしまいます。

 

理想としては先に入金がきて、その後に支払いが来る、というものです。入金したもので支払いができればよいのですが、企業間取引では支払いが先に来ることがほとんどなのでその点は理解してその上で対処しなければなりません。

 

 

なぜ資金ギャップの解決にファクタリングが適切なのか?

 

企業間取引の多くは掛け取引です。

要は売掛金と買掛金が利用されることに。

 

資金ギャップの原因となった取引については売掛金が利用されているのではありませんか?そもそも売掛金は取引の発生から入金までに30日から60日程度かかってしまうことに。資金ギャップが発生する原因が売掛金にあるわけです。

 

であれば、問題となっている売掛金を売却してしまえば資金ギャップが改善する、ということになりますよね。

 

ファクタリングは売掛金の支払期日前に業者に売掛金を売却して現金化をしてしまうものです。30日後に支払期日が来る売掛金であろうと60日後に支払期日が来る売掛金であろうとファクタリングは利用可能です。

 

資金ギャップが発生して支払いが難しくなってきたのであれば、ファクタリングを利用して入金を早めましょう。そうするだけで支払いがスムーズにできるようになります。

 

ただし日常的にファクタリングを利用するのは得策ではありません。手数料が発生するので、入金予定額が低くなってしまうからです。

 

よって資金ギャップの解消としてファクタリングを利用するタイミングは考えなければなりません。たとえば通常よりも大きな取引を行った場合などに限定してみましょう。

 

大きな取引に関しては経費もより大きくかかります。支払額が大きくなってしまうことに。その支払に対処するためにファクタリングで凌ぐわけです。

 

 

ファクタリング業者の対応の速さにも注目

 

資金ギャップに関しては融資で対応する方法もあります。

銀行から融資を受けて対処すれば金利も低くすみますよね。高額の資金調達ができるかもしれません。

 

しかし融資には大きな問題があります。

融資は審査に時間がかかり、1週間や2週間かかってしまうことも珍しくありません。資金のショートが起こってから資金調達ができたとしても意味がないわけです。

 

一方でファクタリングは最短即日の資金調達も可能ですよ。審査に時間がかからないので、急な資金難にも対応