whats

東京都で個人事業主のファクタリング断り事例

       

東京都の個人事業主ファクタリング断り事例です。
東京都で型枠工事業を個人事業主として営んでいる藤田様の個人事業主ファクタリングのお断りした事例になります。
藤田様というお名前は仮名になっておりますのでご了承ください。
東京都で個人事業主として型枠工事業を営んでいる藤田様ですが、4年前に独立し活動されています。
独立後は正社員1名と藤田様の2名体制で日々の仕事をこなしていますが、仕事量は少しずつ減ってしまい年商も昨年に比べて下がってしまうようです。
取引先は建築会社が数社あり、月に100万円から120万円位の売掛金が発生し、多い時では300万円を超える事もあるそうです。
入金のサイクルは、20日締め翌月末払いの入金サイクルになっており、給料の支払いは毎月15日なるそうです。
藤田様が資金調達を希望された理由は、銀行借り入れの返済分と従業員への給料支払いにあてたいとの事でした。
藤田様は以前からファクタリングの事は知っていたようで、MSFJ株式会社にお問い合わせいただく前に数社のファクタリング業者に個人事業主を理由に断られていたそうです。
その際「個人事業主 ファクタリング」という検索ワードでヒットしたMSFJ株式会社にお問い合わせいただきました。
MSFJ株式会社では法人様はもちろん個人事業主の方も対応させていただいています。債権金額の大きな売掛債権も条件が揃えば即日で対応可能になっています。契約に関しても電子契約を利用し短時間で契約を締結することができます。
藤田様からお申し込みをいただいた後、必要書類(請求書、注文書、契約書、口座の写し)等の提出をお願いしました。まず請求書と口座の写しが提出され、請求書を拝見しましたが内容が詳しく記載されておらず全容がわからなかったため、注文書等の請求書に紐づくものはないかお伺いしたところ、最初はないと伺っていましたがあるかも知れないとなり提出を待っていました。数時間後に注文書のPDFをいただき内容を拝見しましたが不備が多数見受けられました。口座の写しは譲渡希望の売掛債権の売掛先からの入金が2年前で終わっており入金の確認が取れなかったため藤田様に最初の注文書の件と合わせてお伺いしたところ入金に関して今は手集金になっているとの事でした。そして注文書の不備についてお伺いしましたが、藤田様ご自身で作ってしまったとの事でした。
その後も何点か質問させていただきましたが、売掛債権の信憑性にかけるため今回は誠に残念ですがお断りとさせていただきました。
ファクタリングは確定した売掛債権(請求権の発生しているもの)を持っている方を対象にその売掛債権を買い取り、決まった入金日よりも前に先払いさせていただくシステムであり、金融業とは異なりますので信用情報などに借り入れ等の履歴が残らないのもファクタリングの特徴になります。
ですがファクタリングはお客様との信頼関係があってこそのサービスになりますので書類を作ってしまった事やお話しいただいた内容に一貫性がなかった事などで今回は残念ながらお断りさせて頂く流れとなりました。

TOPに戻る