whats

初めてファクタリングを利用される方へ

       

初めてファクタリングを利用される方へ

初めてファクタリングを利用される方に向けたファクタリングの説明と利用時の注意点をまとめた記事になります。初めてのファクタリングで不安な部分もあると思いますがこの記事を参考にして頂ければ幸いです。

ファクタリングの紹介

ファクタリングとは売掛債権を早期に資金化できるサービスです。例えば、売掛先から今月末に入金がある場合、入金日を待たずに売掛金をファクタリング会社が現金化してくれます。

ファクタリングには2種類ある

ファクタリングを行う場合、二社間ファクタリングか三社間ファクタリングかを選択しなくてはいけません。ファクタリング会社に相談してどちらにするか決めてもいいですが、簡単に二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの違いをまとめておきます。
まず、二社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と申し込み企業様の二社で契約を行います。
二社間ファクタリングのメリット
・売掛先に知られずに資金調達が可能
・即日調達が可能
二社間ファクタリングのデメリット
・手数料が割高
・審査基準が高い

次に三社間ファクタリングですが、三社間ファクタリングはファクタリング会社、申し込み企業様、売掛先企業様の三社で契約を行います。
三社間ファクタリングのメリット
・手数料が安い
・審査に通りやすい
三社間ファクタリングのデメリット
・売掛先の承諾が必要なため必然的に知られてしまう。
・調達までの期間が長くなる

まとめますと、ファクタリング契約に売掛先を入れるか入れないかの違いです。上記にもあるように、二社間ファクタリングと三社間ファクタリングのメリットとデメリットは真逆です。三社間ファクタリングの場合、売掛先の承諾が必要なため、売掛先に知られたり、審査に時間がかかったりしてしまいます。
その分、売掛先の承諾が得られているのでファクタリングが回収できないリスクが少なくなるため、手数料が安くなり、審査に通りやすくなります。
二社間ファクタリングは、売掛先の承諾を取らずに行うファクタリングですので、ファクタリング会社も回収リスクを考えて手数料が高くなり審査基準も高くなってしまいます。その分、売掛先に知られずに調達できるのが最大のメリットです。

初めてファクタリングを行う場合の注意点

①ファクタリング会社選びが重要
ファクタリング会社選びに失敗してしまった場合、更に資金繰りが悪化してしまう可能性があります。
理想のファクタリング会社は手数料が安く、柔軟に対応してくれる会社です。
手数料の相場は二社間ファクタリングだと、2%〜10%、三社間ファクタリングだと、5%〜30%とかなりの幅があります。金額が数百万のファクタリング契約だと1%の違いでも数万円単位で手数料が変わってきます。
MSFJの場合、手数料が業界最低水準で柔軟に対応できますので、初めてファクタリングを利用される方は是非ご相談ください。

②ファクタリング利用後の資金繰り計画を立てること
ファクタリングを利用した場合、手数料が発生します。この手数料は数万円〜数十万円が一般的です。
手数料の分、経費がかさみ資金繰りを圧迫してしまうこともありますので、きちんとした計画を立ててご利用ください。

繰り返しにはなりますが、初めてファクタリングをご利用される場合はMSFJにご相談ください。
きちんとしたご説明と親切で柔軟な対応をさせて頂きます。

TOPに戻る