whats

ファクタリング手数料に与える影響

       

ファクタリング手数料を高いと感じたことはありませんか?

仮に手数料率が30%に設定されてしまえば、1,000万円の売掛金であったとしても受け取りは700万円になってしまいます。300万円の手数料として取られる事になってしまうわけです。

そこで考えるべきが「ファクタリング手数料を引き下げる」というものです。ファクタリング手数料は様々な状況で変化することになります。大きな影響を与えるものとして「償還請求権」と「利用実績」があります。

こちらでは「償還請求権」と「利用実績」に注目してファクタリング手数料を考えます。それぞれどのような状況になれば手数料が有利になるのでしょうか?不利になるのでしょうか?

 

償還請求権がファクタリングの手数料に与える影響とは?

・償還請求権あり・・・ファクタリング手数料は有利になる

・償還請求権なし・・・ファクタリング手数料は不利になる

こちらのテーマを考える上では、そもそも「償還請求権」とはどういったものであるかを明らかにしなければなりません。償還請求権の意味がわかれば、なぜファクタリング手数料に影響を与えるかが分かるはずです。

償還請求権とは、売掛先が売掛金を支払わなかった時に自社としてどのように対応するかを決めるものとなっています。

「償還請求権あり」であると売掛先が売掛金を支払わなかった時は自社で肩代わりをしなければなりません。自社がファクタリング業者に対して売掛金相当額を支払うことになるわけです。ファクタリング申込み会社にとってリスクが高い取引方法と言えます。

「書簡請求権なし」であると売掛先が仮に売掛金を支払わなかったとしても自社として対応することはありません。貸し倒れリスクに関してはファクタリング業者が背負うことになります。ファクタリング申込み会社としてはリスクが低い取引方法と言えます。

要は申し込み会社のリスクが低いということはファクタリング業者のリスクが高いということになります。その逆もしかりです。

所管請求権ありであれば、ファクタリング業者としては売掛金の貸し倒れリスクが下がるので手数料を低く設定できます。一方で償還請求権なしだと売掛先が倒産してしまえば回収できません、貸し倒れリスクをもろに背負うことになるので、手数料を高く設定せざるを得ないのです。

 

利用実績がファクタリング手数料に与える影響とは?

・利用実績あり・・・手数料が有利になる

・利用実績なし・・・手数料が不利になる

ここで述べている利用実績については、個別のファクタリング業者の利用を指しています。過去にファクタリング利用をした会社については「利用実績あり」ということになります。

利用実績がファクタリング手数料になぜ影響を与えるのでしょうか?

ファクタリング業者の安心感が関わっているのです。

利用実績があるということは、ファクタリング業者としては利益のある取引が行えた、ということになります。安心して契約できる会社ということになり、ファクタリング手数料を低く設定できるわけです。

しかし利用実績がない場合には、申し込み業者が信頼できるかがわかりません。誠実に対応してくれるのかもわからないのです。

特に影響を受けるのは2社間取引です。2社間取引では、ファクタリング申し込み会社が一度売掛先から売掛金を回収します。そのうえでファクタリング業者へ振込をしてくるのです。

利用実績がある会社であれば、振込に関しても安心して待っていられます。過去の実績があるので、同じように対応してくれる、と考えられるわけです。しかし取引経験がない会社に関しては本当に振込みをしてくれるかわかりません。使い込まれるような恐れもあるわけです。よって手数料を引き上げてリスクを少しでも下げようとしてくるのです。