whats

個人事業主NGのファクタリング会社が多い理由

       

日本には数多くのファクタリング会社があります。
しかし、法人は利用できても個人事業主が利用できないファクタリング会社は多いのが現状です。
その理由は何のでしょうか?
また、弊社MSFJ株式会社では個人事業主様のご利用も大歓迎です。
個人事業主様でファクタリングのご利用を検討中のお客様は是非弊社にご相談ください。
それでは個人事業主NGのファクタリング会社が多い理由について解説していきます。

買取債権を回収できない可能性が高い

まず1点目ですが、売掛債権が回収できないリスクが高いということです。これは、株式会社などの法人と比べた場合の可能性です。
万が一、買取債権の回収ができなかった場合、ファクタリング会社の丸損になってしまいます。しかも、一件あたり数十万円〜数千万円とかなり高額です。
なので、ファクタリング会社は回収できないリスクが1%でも低くなるようにしています。
では、なぜ個人事業主、売掛債権の回収できないリスクが高いのでしょうか?
それは、現実的に売掛先企業の質が下がるからです。
債権回収ができる可能性が高い有名企業や一部上場企業は個人事業主と契約しないことが多いのが原因です。全体的に個人事業主の売掛債権の質が下がってしまいます。なので、初めから個人事業主を不可にしているファクタリング会社は多いです。
しかし、個人事業主であっても売掛債権がしっかりしていればファクタリングの利用が可能です。
個人事業主でも利用可能なファクタリング会社を見つけて申し込みましょう。
MSFJ株式会社は個人事業主様のご利用も可能です。

審査に手間と時間がかかってしまう

ファクタリングの審査には色々な書類が必要です。会社の経営状況や財務状況を知るのに法人でしたら決算書がありますが個人事業主の場合、決算というものがないのでファクタリング会社は個人事業主の決算状況がわかりづらいです。
ファクタリング会社は決算書の代わりに色々な書類やデータ送付を依頼しますがこれはファクタリング会社、個人事業主様の双方に手間と時間がかかってしまいます。

このようなことから個人事業主様のファクタリングのご利用は一派的に敷居が高いです。
ですがご安心ください。
MSFJでは個人事業主様のご利用も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
万が一、他社様に断られてしまっていた場合も可能な場合がありますので一度お問い合わせください。

TOPに戻る