whats

個人事業主様へファクタリングについて詳しく解説します。

       

今回は、ファクタリングについて詳しく解説していきたいと思います。
ファクタリングの利用を検討している個人事業主様は勿論のこと、現在お使いの個人事業主様も改めてご参考頂ければと思います。

ファクタリングとは

ファクタリングとは端的に申しますと「売掛債権の売買取引」です。
確定済の売掛債権をファクタリング会社が買い取ることによってご入金前に早期資金化が可能となります。
このように、売掛金のタイムラグをなくすことが可能ですのでご入金前の急な出費などに対応できます。
例を出しますと、「来月150万入ってくるのは確定しているのに、それまでに支払わなくてはいけない50万円が足りない…このままでは一時的に資金ショートしてしまう、どうしよう…」というお悩みを解決できるのがファクタリングになります。
一時的な資金ショートなのに、それをきっかけに業務に支障が出て、資金繰りが悪化してしまうのは誰しも避けたいものだと思います。
ファクタリングはそのリスクを避けるためうってつけのサービスなのです。

売掛債権とは

売掛債権とは、取引先様へサービスを提供した際に発生する売掛金を請求できる権利のことです。
ファクタリング会社はこの確定済みの売掛債権を買い取ることによって早期資金化をし、お客様へお振込みします。

ファクタリングのメリット

・最短即日に資金調達が可能

ファクタリングは数ある資金調達方法の中でも最もスピーディに資金調達が可能です。
そのため早急に資金が必要なお客様におすすめです。

・取引先に知られずに資金調達が可能。

2社間ファクタリングの場合取引様に知られずに資金調達が可能です。
「もしかしてあの人、資金繰りが厳しいのかな…大丈夫かな…?」という勘ぐりや信用を落とすことがないので安心して利用できます。

・銀行融資がNGの方でも大丈夫です。

ファクタリングの審査は銀行融資と違い、売掛先の信用情報を重要視しています。
買い取った売掛金が本当に入金され、お戻し頂けるのかが大事ですので、赤字申告などの理由で銀行融資がNGだった方でも大丈夫です。

・万が一取引先が倒産してしまっても支払い義務がない

ファクタリングは原則、償還請求権がありません。ファクタリング会社は、そのリスクを負った上で契約をしています。
また、償還請求権がある会社は、違法性が高くなってきますのでお気をつけください。
近年ファクタリング会社を装った悪徳業者が摘発された事例もございます。
ご契約時には償還請求権の有無を確認するのを忘れないでください。

次回は、メリットの続きと契約方法について解説していきたいと思います。

TOPに戻る