whats

個人事業主様のファクタリング事例 工務店

       

個人事業主様のファクタリング事例 工務店

個人事業主様のファクタリング事例についてご紹介させて頂きます。
今回は福岡市で工務店を個人事業主として営んでいる丸山様のファクタリング事例になります。
丸山様というお名前は、個人情報になりますので偽名とさせて頂いております。
予めご了承ください。

丸山様の事業状況

先代から引き継いで福岡市で工務店を個人事業主として運営している丸山様。
スタッフは4名と小規模ながら地域密着型のお仕事をしております。
主な買掛先は、近所の建築会社などです。
建築会社からの支払いフローは、月末締めの翌月末払いです。
ただ、全盛期と比べれば売り上げが減少しており資金繰りの問題は多々ありました。

資金調達が必要になった状況

とある月、売上低迷が続き月末で資金ショートしてしまう状況になってしまいました。
このままでは、職人の給料が払えません。
万が一の従業員への給料が払えなかったり遅延してしまった場合は、円山様の信用がなくなり従業員が離職してしまう可能性があります。
なんとしても、丸山様は月末までに資金を調達する必要がありました。

MSFJの個人事業主専門ファクタリングを知ったきっかけ

丸山様は資金調達が必要になりインターネットでファクタリングというサービスを知りました。
ファクタリングが、売掛債権の買取事業であることを知り複数のファクタリング会社に申し込みました。
丸山様の売掛債権は400万円です。
しかし申し込んだファクタリング会社の審査はすべて通りませんでした。
そこで、丸山様は「個人事業主 ファクタリング」と検索したらMSFJの個人事業主専門ファクタリングサービスき辿りつきました。
丸山様は早速、MSFJにご連絡頂きました。

MSFJとの契約

丸山様からお問い合わせを頂き、審査書類も一式頂きまして審査することになりました。
丸山様の買掛先は、非常にしっかりしていたことにより無事に審査も通りました。
高橋様のファクタリング契約は
・二社間ファクタリング
・買取金額 400万円
・手数料4%

以上が丸山様のファクタリング事例になります。
丸山様のように売掛先がしっかりしていると個人事業主様でも十分に審査に通り可能性があります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

TOPに戻る