whats

個人事業主様のファクタリング事例 プログラマー

       

個人事業主様のファクタリング事例 プログラマー

個人事業主様のファクタリング事例についてご紹介させて頂きます。
今回は神奈川県でシステム開発業を個人事業主として営んでいる佐藤様のファクタリング事例になります。
佐藤様というお名前は、個人情報になりますので偽名とさせて頂いております。
予めご了承ください。

佐藤様の事業状況

1年前に、システム開発会社から独立した佐藤様は神奈川県でシステム開発業を個人事業主として運営しております。
スタッフは採用しておらず1人で事業を営んでいます。
主なクライアントは、佐藤様が以前勤めていたシステム開発会社から下請けで仕事をもらっています。
システム会社からの支払いフローは、月末締めの翌月末払いです。

資金調達が必要になった状況

とある月、個人的な支払いが重なり急に資金調達が必要になってしまいました。
このままでは、家賃が払えなくなってしまいます。
なんとしても、佐藤様は月末までに資金を調達する必要がありました。

MSFJの個人事業主専門ファクタリングを知ったきっかけ

佐藤様は資金調達が必要になりインターネットでファクタリングというサービスを知りました。
ファクタリングが、売掛債権の買取事業であることを知り複数のファクタリング会社に申し込みました。
佐藤様の売掛債権は30万円です。
しかし申し込んだファクタリング会社は、個人事業主で売掛債権が30万円ということもあり審査に通りませんでした。
そこで、高橋様は「個人事業主 少額ファクタリング」と検索したらMSFJの個人事業主専門ファクタリングサービスき辿りつきました。
佐藤様は早速、MSFJにご連絡頂きました。

MSFJとの契約

佐藤様からお問い合わせを頂きまして、神奈川だったこともあり早速、来社して頂く事になりました。
来社時に審査書類も一式頂きまして審査することになりました。
佐藤様の買掛先は、非常にしっかりしていたことにより無事に審査も通りました。
佐藤様のファクタリング契約は
・二社間ファクタリング
・買取金額 30万円
・手数料8%

以上が佐藤様のファクタリング事例になります。
佐藤様のように小学の売掛債権で個人事業主様でも十分に審査に通り可能性があります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

TOPに戻る