whats

個人事業主様のファクタリング事例 トラックドライバー

       

個人事業主様のファクタリング事例 トラックドライバー

個人事業主様のファクタリング事例についてご紹介させて頂きます。
今回は鹿児島県で長距離トラックドライバーを個人事業主として営んでいる山川様のファクタリング事例になります。
山川様というお名前は、個人情報になりますので偽名とさせて頂いております。
予めご了承ください。

山川様の事業状況

半年前に、運送会社から独立した山川様は鹿児島県で長距離トラックドライバーを個人事業主として運営しております。
トラックはローンで購入しました。
スタッフは採用しておらず1人で事業を営んでいます。
主なクライアントは、山川様が以前勤めていた運送会社から下請けで仕事をもらっています。
主な配送先は東京や大阪です。
運送会社からの支払いフローは、月末締めの翌月末払いです。

資金調達が必要になった状況

とある月、車両故障で配送遅延が起きてしまい損害金を払う事になってしまいました。
山川様は、家賃やローンの支払いがあったのでギリギリの状態で損害金など払える状況ではなかったです。
このままでは、家賃やローンが払えず大変なことになってしまいます。
早急な資金調達が必要になりました。

MSFJの個人事業主専門ファクタリングを知ったきっかけ

山川様は仲のいいドライバーに資金調達の相談をしたらファクタリングサービスを教えてもらいました。
さらに、仲のいいドライバーが弊社MSFJのファクタリングサービスを数回利用したことがあるとのことでしたので、MSFJをご紹介頂きました。
山川様の売掛債権は80万円です。
山川様は早速、MSFJにご連絡頂きました。

MSFJとの契約

山川様からお問い合わせを頂きまして、鹿児島だったこともあり電話での商談になりました。
電話が終わった後、審査書類も一式頂きまして審査することになりました。
山川様の買掛先は、非常にしっかりしていたことにより無事に審査も通りました。
山川様のファクタリング契約は
・二社間ファクタリング
・買取金額 80万円
・手数料8%

以上が山川様のファクタリング事例になります。

TOPに戻る