whats

個人事業主のファクタリング事例 フリーランス編

       

個人事業主のファクタリング事例をご紹介させて頂きます。今回はIT業界のフリーランスのファクタリング事例になります。近年増えてきたIT業界のフリーランスですが、ファクタリングの利用は可能なのでしょうか?また、利用時の注意点について事例を使ってまとめていきます。

東京都でシステム開発の仕事をフリーランスで行なっている鈴木さんの事例です。鈴木さんはシステムエンジニアとしてシステム開発の仕事を業務委託契約で請けております。月の入金額は元請けのシステム開発会社から100万円程度です。
とある月、個人的な事情で一時的にまとまった資金が必要になってしまいました。
金額は100万円です。
サラ金などからの借入も検討しましたが鈴木さんは以前に金融事故を起こしてしまっており借入ができない状態です。
このような状況でも借入が出来るところはないかと調べた結果ファクタリングという選択肢にたどり着きました。
そこで何社かファクタリング会社に連絡しましたが、個人事業主は対応していない、下限金額以下のためファクタリングはできないなど、さまざまな事情で断られてしまいました。
鈴木さんは困って知り合いのフリーランスに相談したところMSFJを紹介されました。
MSFJは個人事業主にも少額ファクタリグにも特化している会社なので鈴木さんにはぴったりの会社でした。
申し込み後、鈴木さんに弊社にご来社頂き無事に契約することができました。
はじめてのファクタリングということもあり鈴木さんから色々ご質問を頂きました。
鈴木さんは無事にファクタリングができ喜んでらっしゃいました。

こちらがフリーランスのファクタリング事例になります。鈴木さんと同じようにフリーランスでファクタリングを希望される方は是非MSFJにお問い合わせください。
お力になりると思います。

TOPに戻る