whats

個人事業主がファクタリング審査に通らない理由②

       

個人事業主様がファクタリングに通りづらい理由を、事業の信用情報という面から解説していきます。
何回もお伝えしていますが、MSFJ株式会社では、個人事業主様専用のファクタリングサービスを提供しているため、他社のファクタリング会社と比べても審査に通りやすい傾向があります。
他社で断られてしまった個人事業主様は一度弊社にお問い合わせください。

それでは、個人事業主様がファクタリング審査に通りづらい理由を事業の信頼性という観点から見ていきましょう。

個人事業主では信用が低い

個人事業主は株式会社などの法人と比べると信用が低くなります。極端な話、帳簿や取引内容に虚偽がある可能性も否めません。実際、過去にそのような例も存在していました。また、資金の使途が、事業用か個人用か判断がつきにくいこともあります。
そのため、個人事業主は信用度が低いためファクタリング審査に落ちてしまうことが多いです。

多くの個人事業主様は税理士などの専門家に依頼していない

多くの個人事業主様は金融の専門家である税理士様に依頼せずファクタリングを利用する傾向にあります。そのため、個人事業主様に金融の知識が乏しくファクタリングの利用を断られてしまうケースはあります。

税金などの滞納が見られる

ファクタリングは税金や社会保険料を滞納している場合、利用できないことがあります。
なぜなら、折角入金された売掛債権が関係各所から差し押さえられてしまうからです。
滞納があった場合、確実に断られてしまうわけでは有りませんが、滞納額が大きいと事業自体の信用度も少なくなります。

このように個人事業主様は社会的信用の面でもファクタリングの利用が難しいと言えます。
ですが安心してください。
MSFJの個人事業主専門ファクタリングでは、事業の財務面や税金面からのアドバイスもすることが可能です。
個人事業主様でお困りの方は是非ご相談ください。
16:13
Enterで送信

TOPに戻る