保証ファクタリングとは? | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

保証ファクタリングとは?

       

保証ファクタリングとは

ファクタリングには、大きく分けて買取型と保証型の2種類に分ける事ができます。

一般的にファクタリングと呼ばれているのは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取って貰う事で資金調達をする「買取ファクタリング」です。

 

一方の保証ファクタリングは、ファクタリング会社に売掛債権を買い取って貰うのではなく、売掛債権に保険を掛けてもらうファクタリング取引となります。

 

例えば、信用取引(後払い)で企業へ商品を提供したとします。

この際、商品を提供した企業は、取引先企業から商品の代金を受領できる権利「売掛債権」が得られます。

しかし、取引先企業の経営は少々傾いており、このままだと、経営悪化や倒産などが原因で売掛債権が回収不能に陥るリスクがありました。

そのリスクを回避する為に、ファクタリング会社に一定の保証料を支払う事で売掛債権に保険をかけます。

そうする事で、万が一売掛先(取引先企業)が売掛債権の支払い不能となった場合でも、ファクタリング会社から売掛先に変わって保証金を支払ってもらう事ができます。

 

このように、買取ファクタリングと違って、保険ファクタリングでは売掛債権を資金化するというものではなく、売掛先の経営悪化や倒産などによる貸倒れリスクを回避するというのが特徴です。

 

保証ファクタリングの流れ

・売掛債権の発行

信用取引で企業に商品やサービスを提供する事で、売掛債権が発行されます。

・債権保証契約の締結

保証ファクタリング申込後、ファクタリング会社は売掛先企業の信用調査を行います。

審査の結果によって、保証限度額および保証料が決定します。

保証限度額内であれば、売掛債権の100%が保証されます。

・売掛債権保証

審査が無事完了したら、ファクタリング会社に保証料を支払い売掛債権の保証が始まります。(保証料の支払いタイミングは、ファクタリング企業によって異なります。)

・売掛債権の回収

取引先企業より売掛債権が問題なく入金された場合は、ファクタリング取引完了となります。

・売掛債権回収不能

売掛先の倒産などが原因で、売掛債権の回収が不可能となった場合、ファクタリング会社より売掛債権の保証金が支払われます。

 

「下請債権保全支援事業」について

保証ファクタリングの利用率が高いのは建設業です。

建設業では、建設が完了後に報酬を支払う請負契約となっているのが原則であり、売掛債権の回収までに大幅な期間を有します。

その間に、取引先企業が経営悪化してしまったり、倒産してしまうと、下請け企業はその煽りを受けて連鎖的に倒産してしまう可能性があります。

 

そういった事態を防止し、建設業界の資金操りを円滑にする事を目的に、国土交通省では「下請債権保全支援事業」を開始しました。

下請債権保全支援事業とは、下請建設企業等を対象に、保証ファクタリング契約を行う際に発生する保証料が国によって助成される制度を言います。

 

企業には助成金が支給されますので、その分、保証料の負担を軽減する事ができます。

 

保証ファクタリングの注意点

売掛債権に保証を掛け、売掛先の倒産などによる貸倒れリスクを回避できるファクタリング取引ですが、あくまで保証なので、売掛先が倒産しなければ支払いはなく、保証料の返還もありません。

保証金の支払いに関しても、保証ファクタリングの契約に基づいた保証限度額な範囲内に限られる為、必ずしも売掛債権の100%が保証されるとは限りませんので、注意が必要です。

 

また、保証ファクタリングを提供する企業のほとんどは、大手金融機関であり、保証ファクタリングを取り扱っている会社が少ないというのが現状です。

リスクヘッジには非常に有効な取引ではありますが、比較対象が少ない分、逆に選びずらいというのが保証ファクタリングのデメリットと言えるでしょう。