whats

フリーランス様のファクタリング事例 Webライター

       

フリーランス様のファクタリング事例についてご紹介させて頂きます。
今回は東京都でフリーランスとしてWebライターのお仕事をしている金子様のファクタリング事例になります。
金子様というお名前は、個人情報になりますので偽名とさせて頂いております。
予めご了承ください。

金子様のお仕事状況

3年前に7年間勤務したWeb製作会社を退職した金子様はフリーのWebライターとして独立されました。
現在はフリーランスのWebライターとしての実績、評価が上がりお仕事も安定して入ってくるようになりました。
主な取引先は東京都の中小企業です。支払サイトは月末締め翌月末払いです。

資金調達が必要になった状況

とある月、家庭の事情でまとまった費用が必要になり資金調達が必要になりました。
調達が必要な金額は約60万円です。

MSFJのフリーランス専用ファクタリングを知ったきっかけ

金融機関での借入を考えた金子様でしたが、借入金ですと信用情報にキズがついてしまいますので極力避けたいと思っていました。
そちらを踏まえた上で、フリーランスの資金調達方法を調べていたところファクタリングの存在を知りました。
ファクタリングについて調べていくうちに、法人と比べてフリーランスは審査に通りづらいということがわかりましたので、金子様は「フリーランス特化 ファクタリング」と検索をしたところ弊社MSFJのホームページに辿り着きました。

MSFJとの契約

金子様からお問い合わせを頂きまして、早速審査をすることになりました。
買取希望の売掛金は60万円、入金期日は30日後、売掛先は継続してお取引をしているWeb製作会社様です。
そちらのWeb製作会社様は、書類等に厳しい会社だったため、審査に必要な書類は完璧なぐらい揃っておりました。
また、継続的な入金があることも、通帳のコピーでしっかりと確認出来ました。そのためすぐに審査は通りました。

金子様のファクタリング契約は
・2社間ファクタリング
・買取金額 60万円
・手数料4.8%

以上が金子様のファクタリング事例になります。
金子様のように審査書類に不備がなく、売掛先の信用情報が高いとフリーランス様でも十分に審査に通る可能性があります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

TOPに戻る