whats

フリーランス様のファクタリング事例 システムエンジニア

       

フリーランス様のファクタリング事例についてご紹介させて頂きます。
今回は東京都でフリーランスとしてシステムエンジニアのお仕事をしている山口様のファクタリング事例になります。
山口様というお名前は、個人情報になりますので偽名とさせて頂いております。
予めご了承ください。

山口様のお仕事状況

3年前に、10年間勤務したシステム開発会社を辞めてフリーランスとして独立した山口様。
現在では、フリーランスとしての実績、評価が上がりお仕事も安定して入ってくるようになりました。
主な取引先は東京都内のシステム開発会社です。
支払サイトは月に作業した工数分を月末で締めて翌月末に支払われるサイトです。
5月に作業した分の報酬が6月末に支払われることになります。

資金調達が必要になった状況

とある月、家庭の事情でまとまった費用が必要になり資金調達が必要になりました。
今までしていた貯金と合わせて必要な資金は約50万円です。キャッシングなどは今までの借り入れがありできない状態です。
また、過去にキャッシングの支払い遅延があり信用情報を審査されるキャッシングはできない状況です。
別の資金調達方法を探す必要がありました。

MSFJのフリーランス専用ファクタリングを知ったきっかけ

山口様はフリーランスが利用できる資金調達方法を探すため、検索サイトで「フリーランス 資金調達」と検索して、いろいろな情報を見ていく中でファクタリングという資金調達方法を知りました。
しかし、何社かのファクタリング会社に問い合わせたところ、フリーランスのファクタリングは行っていないという返答でした。
そこで、山口様は「ファクタリング フリーランス」と検索してMSFJのフリーランス専用ファクタリングサービスを知りました。

MSFJとの契約

山口様からお問い合わせを頂きまして、
審査することになりました。
MSFJには多くのフリーランス様からお問い合わせ、お申し込みを頂きます。
なので、審査書類もフリーランスに特化しております。
山口様の買掛先は、非常にしっかりしていたことにより無事に審査も通りました。

山口様のファクタリング契約は
・二社間ファクタリング
・買取金額 50万円
・手数料6%

以上が山口様のファクタリング事例になります。
山口様のように売掛先がしっかりしていると個人事業主様でも十分に審査に通り可能性があります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

TOPに戻る