whats

ファクタリング業者を定期的に乗り換えよう

       

ファクタリングを何回も利用している、という会社は多いです。資金調達をする上で、ファクタリングは極めて利便性が高いですよね。最短即日資金調達も可能ですし、審査難易度も低め。

しかし同じ業者でファクタリングしていませんか?
確かに同じ業者でファクタリングを利用し続けることにはメリットがあります。利用するたびに信用度がアップして、手数料率が下がる可能性があるからです。

でも同じ業者を利用するデメリットもあるんですよ。
そこで考えてほしいのが乗り換え。

ファクタリング業者を定期的に乗り換える、ということも考えてみませんか?
こちらではファクタリング業者を乗り換えるべき理由を紹介しますね。

ファクタリング業者を乗り換えるべき理由その1|前回利用業者との比較ができる

今あなたが利用しているファクタリング業者が本当に有利な条件であるかを確かめられます。
同じ業者を利用し続けてしまうと、設定されている手数料率が適切なのかわかりませんよね。もしかしたら相場よりも高いかもしれません。高ければ、ずっと損をし続けている、ということになってしまうのです。

では業者を乗り換えたらどうなるでしょうか?
新たな手数料率が示されることになりますよね。要は自然と業者の比較ができてしまうのです。

仮に前の業者の方が、手数料率が良いのであれば前の業者に戻せばよいだけ。
新たに申し込みを行った業者の方が良ければ新しい業者を利用すればよいのです。

ファクタリングですが高額の利用であると、ちょっとした手数料率の違いが大きな差を生むことになります。1,000万円のファクタリングで手数料率が5%でも異なれば、入金額が50万円も変わってくることに、

ある意味ではファクタリング業者の乗り換えはチャンスでもあるわけです。

ファクタリング業者を乗り換えるべき理由その2|手数料率の交渉をするきっかけとなる

以前ファクタリングを利用していた、ということになるので、一つの基準がすでにありますよね。

「前の業者の手数料率は〇〇%だった」
「前の業者の手数料率とほとんど一緒だから少し下げてくれませんか?」

ファクタリング業者としてもサービスを利用してもらわなければ利益に繋がりません。そこで前の利用実績を持ち出されてしまうと、飲まなければならないような状況になってしまうのです。

業者の乗り換えは手数料率交渉を有利に進められるきっかけになります。
この機を逃すことはありません。

ただしあまりに無理な手数料率交渉は逆効果なので行わないでくださいね。あくまで前の業者との交渉を武器として多少有利な条件を引き出す、という感じで行うのがベストです。

例えば、2社間取引なのに5%の手数料率を求める、といったことは無謀なので止めてください。ファクタリング業者にほとんど利益が出ないような条件を掲示すると、交渉もしてもらえなくなってしまいますよ。

ファクタリング業者を乗り換えるべき理由その3|取引の幅が広がる可能性あり

2社間取引だけではなく3社間取引ができるようになる可能性があります。

ファクタリング業者の中には2社間取引しか取り扱っていない、というところもあります。最初は2社間取引だけで良い、と思っていても何回か利用するうちに3社間取引に興味を持ってくることもあるでしょう。

そもそも2社間取引と3社間取引では手数料率にも違いがありますよね。3社間取引のほうが手数料率は良いのです。より条件の良い取引を望んでいるのであれば、様々な取引方法に対応している業者に乗り換えましょう。

またファクタリング業者によって得意な業種と不得意な業種もあります。貿易業が得意な業者もあれば建設業が得意な業者もあるのです。
不得意な分野のファクタリングを申し込みしてしまうと手数料率は高くなってしまいますよ。

より自社とマッチングしている業者を探す、という意味でも乗り換えはおすすめなのです。