ファクタリング会社の選定方法 | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリング会社の選定方法

       

■取り扱える売掛債権の金額を確認

ファクタリング会社を選定する上で、その会社がどれくらいの額の売掛債権を取引可能かを確認して下さい。
というのも、多くのファクタリング会社は買い取れる売掛債権の最少額と最高額が設定されているからです。
例えば、「10万円から買取可能」と設定している会社もあれば「100万円から買取可能」としている会社もあります。上限にかんしても「1,000万円まで」や「1億円まで」とファクタリング会社によって取引額が大きく異なるのです。

取り扱い金額の幅が広いファクタリング会社であれば、対応できる売掛債権も増えますので、ファクタリング会社の乗り換えといった手間も省けます。

 

■ファクタリング手数料や掛目などの確認

ファクタリングに売掛債権を買い取ってもらっても、その売掛債権分の金額が全額振り込まれるという訳ではありません。実際に振り込まれる額を左右するのは掛目と手数料です。
例えば、掛目が90%、手数料が10%だった場合に100万円の売掛債権を買い取って貰った場合は以下のようになる。
・手数料:10万円
・掛目を掛けた買取額:90万円
・振り込まれる金額:80万円
この手数料と掛目の大きさはファクタリング会社それぞれであり、その相場は以下の通りです。(売掛先の信頼性や売掛債権の額などによって決まります。)
【ファクタリング手数料】
・3社間ファクタリング:1%~5%
・2社間ファクタリング:10%~30%
【掛目】
・80%~100%

売掛債権を高く買い取って貰うには、手数料が低く、掛目が高い企業を選ぶのがベストですが、あまりに手数料が低すぎるものや、手数料の上限が明記されてない会社(1%~など)は悪徳企業の可能性もありますので、注意して下さい。

 

■入金までのスピードを確認

ファクタリング会社と利用者企業間の2社で取引手続きを完結させる「2社間ファクタリング」では、2社間のみであるが故に現金化のスピードが速く、それを謳うファクタリング会社も少なくありません。

その為、もしファクタリングにおいて入金のスピードを重視したいという場合は、最短即日入金が可能なファクタリング会社を選定するのが良いでしょう。

但し、そういったプランのファクタリングは手数料が高くなる傾向にありますので、その点も確認を行っておく事が重要です。

 

■ファクタリング契約における償還求償権の確認

償還請求権とは、売掛債権未回収となった場合、ファクタリング会社が利用者へ未回収分の金額支払いを請求できる権利を言います。
例えば、2社間ファクタリングにおいて、売掛先が経営悪化、または倒産などで売掛債権を回収できなかった場合、償還求償権の有無で今後の流れが以下のように変わります。

・償還請求権「有」の場合
利用者は自己負担で未回収分の売掛債権をファクタリング会社に支払う必要がある。
・償還請求権「無」の場合
利用者は未回収分の売掛債権をファクタリング会社に支払う必要はない。

上記の例から見ても、償還請求権が無い方が、利用者にとってのリスクを抑える事ができます。現在、国内のファクタリング会社のほとんどは償還請求権がありません。
但し、償還請求権ありとしている会社も存在していますので、今後のリスク回避を考えるのであれば、確認しておくべき項目です。

 

■申込時および審査時の担当者の対応の確認

ファクタリング会社を選定した後、その会社へ申し込みや審査と進むのですが、この際にも、その会社が本当に信用できるかどうかを確認する事が重要です。

特に、契約手続きや審査の際に以下のような対応だった場合は警戒が必要です。
・手数料等の詳しい説明を後回しにされる。
・ファクタリング取引についての説明が曖昧でわかりづらい。
・面談審査がない。または面談審査場所がオフィスではなく、喫茶店など。
・申込時に書類を要求されない。または請求資料が少ない。
・ファクタリングと称しながら、融資の説明になっている。

ファクタリング契約時は、必ず自身が納得できるまで説明を受けて下さい。場合によってはそのファクタリング会社が悪徳企業である可能性も少ないながらあります。