whats

ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)の違いについて

       

ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)は、債権を取り扱う取引を提供していることから、混同されてしまうことがあります。

今回は、ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)の違いについて解説させて頂きます。

資金繰り改善を考えている個人事業主様、フリーランス様は、ご参考にして頂ければ幸いです。

まず、ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)の違いについて解説する前に、各会社のご説明をしていきたいと思います。

 

ファクタリング会社とは

ファクタリング会社とは、「売掛債権の買取サービス」を提供している会社です。

お客様がお持ちの売掛債権をファクタリング会社が買取ることによって、ご入金前に早期資金化ができます。

売掛金のタイムラグをなくすことが可能ですので、ご入金前の急な出費などに対応できます。

ファクタリングなら、最短即日での資金調達が可能です。

そのため、早急に資金が必要になった際に最適な資金調達方法の一つです。

 

サービサー(債権回収会社)とは

サービサー(債権回収会社)とは、債権管理回収を専門に行う会社です。

サービサー(債権回収会社)は、ファクタリング会社と違い、不良債権(特定金銭債権)のみを資金化します。

いわゆる、借金の取り立てを行っている会社です。

借金の取り立てとなると、反社会的組織が絡んでいるのではないかと心配になるかと思います。

ですが、サービサー(債権回収会社)は、法務大臣から許可を得た会社です。

法務大臣から許可を得るための条件として、

 

・資本金5億円以上

・取締役に1名以上の弁護士在籍

・反社会的組織と関わりがないこと

 

があります。

 

ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)の違い

ファクタリング会社とサービサー(債権回収会社)の違いは、取り扱う債権の種類や利用目的となります。

ファクタリング会社が取り扱う債権は、支払い期日を超過していない売掛債権です。

ファクタリング会社が、この売掛債権を買取ることによって、早期資金化ができます。

サービサー(債権回収会社)が取り扱う債権は、不良債権(特定金銭債権)のみです。

サービサー(債権回収会社)が、支払い期日を超過した不良債権(特定金銭債権)を買取ることによって資金化できます。

 

つまり、資金調達が目的の場合は、ファクタリング会社。

不良債権処理が目的の場合は、サービサー(債権回収会社)に相談をしましょう。

 

資金調達(ファクタリング)をご希望の場合は、是非、弊社MSFJにお問い合わせください。

弊社MSFJは、個人事業主様やフリーランス様に特化したファクタリングサービスをご提供しています。

個人事業主様やフリーランス様に特化しているからこそ、ファクタリング手数料もお安く抑えられます。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る