whats

ファクタリングサービスを初めて利用される方へ

       

ファクタリングサービスを始めて利用される方へ
ファクタリングは資金調達方法の一つです。ただ、誤った利用やファクタリング会社の選定に失敗した場合、資金繰りの改善どころの話ではなくなってしまいます。最悪の場合、ファクタリングで廃業なんて話もあります。
ただ、ファクタリングを利用して資金繰りが改善されたケースは非常に多いです。
今回は、失敗しないファクタリングの利用方法と失敗しないファクタリング会社の選び方についてご説明していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権の買取サービスです。
売掛債権には、支払い期日がありますのでその支払い期日よりも前に売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化できるサービスです。

ファクタリングには、大きく分けて2種類のファクタリングがある

失敗しないファクタリング利用をするために、この2種類のファクタリングを理解してください。
2種類のファクタリングとは、「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」です。
二社間ファクタリングとは、お客様とファクタリング会社の二社間で行うファクタリング契約です。
二社間ファクタリングの場合、売掛先企業にファクタリングを利用していることを知られません。そのかわりファクタリング手数料が三社間ファクタリングと比べると高くなってしまいます。
三社間ファクタリングとは、お客様、売掛先企業様、ファクタリング会社の三社間で行うファクタリング契約です。売掛先企業様にファクタリングすることが必然的に知られてしまい信用低下につながる可能性がありますが、ファクタリング手数料は、二社間ファクタリングと比べて安いです。

失敗しないファクタリングの利用方法

①二社間or三社間
二社間ファクタリングにするか、三社間ファクタリングにするか決める必要があります。
まず、ファクタリングすることを売掛先企業に知られてもいいか考えてください。
ファクタリングをするということは、資金繰りが悪化している企業と見られがちです。
一般的に資金繰りが悪化している企業とは付き合いたくありません。
最悪の場合、取引停止ということもありえます。
売掛先企業の信用低下を避けるには二社間ファクタリングを選択してください。
逆に売掛先が資金繰りを悪化していることをすでに知っている場合や関係性が深い場合などは、手数料の安い三社間ファクタリングを選択するのがいいでしょう。
二社間ファクタリングと三社間ファクタリングの選択はとても重要なことなのでよく考えて決めてください。

②ファクタリングは必要最低限の額のみ買取ってもらった方がいい
ファクタリングにファクタリング手数料が発生します。ファクタリング手数料の相場は5%〜30%と銀行や政策金融公庫からの借入と違い高いです。
もし仮に50万円の資金調達が必要で、100万円の売掛債権を持っていた場合、100万円のうち50万円分だけ買い取ってもらった方がいいでしょう。
ファクタリング手数料が資金繰りを圧迫して倒産になったケースもあります。

以上が失敗しないファクタリングの利用方法です。
次回は失敗しないファクタリング会社の選び方についてご説明していきます。

TOPに戻る