whats

ファクタリングの真相|入金されるまでの流れまとめ

       

ファクタリングによる資金調達を希望する方が増えています。
銀行の貸し渋りなどの影響で、資金の調達がかなり難しい、という会社も増えてきているからです。

資金調達が難しいからといって事業を縮小するわけにもいきませんよね。ビジネスチャンスがやってきている可能性もあるわけ。

しかしファクタリングについては理解されていない部分が多いことも・・・。

こちらではファクタリングによる資金調達の流れを順を追って説明します。
どのような手順を踏んで入金されるのか、ということを知りたい方は必見ですよ。

売掛金が発生する

はずは売掛金が発生しなければなりません。
ファクタリングは売掛金を売却することによって資金調達を行うものですからね。

企業間の取引の多くは、掛け取引です。
よって売掛金が発生している事が多いでしょう。

しかしすべての企業間取引が掛け取引であるわけではありません。
現金取引のケースもあれば約束手形が発行されていることも。もちろん約束手形の取引の場合はファクタリングが利用できないので注意してください。

ファクタリング会社へ申し込みを行う

売掛金が発生し、その売掛金を利用した資金調達を行おうと思ったらファクタリング業者への申し込みを実施します。

どの業者を選択するのか、ということを考えなければなりません。
ファクタリング業者は一つだけではなく、複数あります。

業者によっても手数料率などに違いがありますし、調達可能額も異なっています。自社にマッチする業者を選択しなければなりません。

申し込みを行う業者が決まったら、いよいよ審査を受けることになります。

ファクタリング業者の審査を受ける

審査はそれほど難しいものではありません。
審査対象は自社ではなく、基本的には売掛先となるので自社の経営状態が悪化していたとしても利用できる可能性がありますよ。

たとえば赤字経営になっていたとしても利用できた例はありますし、税金未納状態であったとしても利用できたケースが有るのです。

ちなみに審査を受けるときには取引方法を決めておかなければなりません。

 2社間ファクタリング
 3社間ファクタリング

以上のうちいずれかを決めるわけですが、どちらを選択するかによっても内容が大きく異なってくるので注意してくださいね。
手数料率も異なっていますし、手続きの流れも異なってくるのです。

ちなみに手数料率が有利なのは3社間ファクタリングですよ。

契約する

審査に突破し、契約内容に問題がなければ契約書を交わすことになります。
手数料率や調達額などをチェックし、納得した場合のみ契約を行ってください。

ちなみに契約時には来店しなければならない業者もあるので気をつけましょう。特に高額の調達となると、来店契約を必須としてくるところもありますよ。

一方で少額であれば来店不要としてくれる業者もあります。

振込による入金あり

入金に関しては、基本的に口座への振込対応となります。

申し込みから調達までの期間は、最短当日も可能です。ただ業者によっては1週間前後かかるケースもあるので、前もって確認しておきましょう。

特に早急な資金調達を行いたい場合には、最短当日の対応ができるところに申し込みを行うべきです。

ここで終わりではありません。最後に売掛金をファクタリング業者へ入金する必要があります。

ファクタリング業者へ入金する|2社間ファクタリングのみ

売掛金が入金されてきたら、そちらをファクタリング業者へ振り込みます。
以上で手続きはすべて完了です。

こちらについては2社間取引のみの対応となっています。
3社間取引に関しては、売掛先から直接売掛金がファクタリング業者へ振り込まれます。なのでこちらの手続きをする必要はないのです。