ファクタリングのメリットについて | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングのメリットについて

       

■ファクタリングによる資金調達は早い。

ファクタリングにおいて最も大きなメリットと言えるのは何といっても資金調達スピードと言えます。ファクタリングと同様に売掛債権を利用し資金を調達する手法として「売掛債権担保融資」が挙げられるますが、ファクタリングと比較すると現金化までの期間は長いです。

売掛債権担保融資というのは、信用取引(後払い)によって取引先企業に商品を提供した際に発行される代金受領の権利、いわゆる「売掛債権」を担保として銀行からお金を借りる契約を言います。
売掛債権担保融資は貸付契約と締結となりますので、融資にともなう書類の提出や審査、面談と手続きが複雑で時間がかかります。

一方のファクタリングは売掛債権の売買契約を締結しますので、売掛債権および売掛先(取引先企業)を審査し問題が無ければ、即座に売掛債権の買取、現金化と事が進みます。
取引のスピードは速い場合だと即日で現金化が可能なのも魅力の一つと言えるでしょう。

 

■ファクタリングは償還請求権がないのが主流

ファクタリング利用者は、売掛債権を買い取って貰う事で、信用取引をした売掛先から売掛債権を回収する前に資金を調達する事ができます。仕組みは違いますが、イメージとしては立て替えに近いです。

その為、利用者は売掛先から債権を回収次第、その回収分をファクタリング会社に支払わなくてはなりません。ただ、もし売掛先企業が倒産などして債権が回収不可能となってしまった場合、利用者は売掛債権回収義務および、ファクタリング会社への支払い義務が発生しません。

これは日本のファクタリング会社の多くが「償還請求権」を持っていない為です。
償還請求権とは、ファクタリング会社が利用者に対して支払ったお金を請求できる権利を言い、この権利を持っている事をウィズリコース、持っていない事をノンリコースと言います。

売掛先の未払いおよび倒産による債権回収不能状態となっても、利用者はリスクを負わなくてよいというのは、大きなメリットです。

 

■ファクタリングは借金ではない。

売掛債権の回収前に現金が振り込まれ、売掛債権回収、ファクタリング会社に支払うというフローから、ファクタリング=借金と考えてしまう人が多いようです。
しかし、ファクタリングは売掛債権売買による現金化ですので借金ではありません。

その為、会計上では負債にならず、赤字が増える事もありません。
会社の信用情報を落とす事がなく、将来的な銀行からの融資にも有利に働きます。

また、借金では無い為、担保や保証人が不要という点もメリットの一つと言えるでしょう。

 

■取引先企業にファクタリングを知られないで利用できる。

売掛債権を譲渡する事で売掛先との信用に傷がつかないか?などの理由で、ファクタリングを売掛先には秘密で行いたい企業が多いそうです。

ファクタリングでも最も主流な取引方法で「2社間ファクタリング」というものがあり、手数料が高いというデメリットはあるものの、利用者とファクタリング会社の2社間で契約、取引を完結できる方法です。

この方法であれば、売掛先にファクタリングを知られず行う事が可能です。
(債権譲渡の際、法律上、債権譲渡を公示する記録(債権譲渡登記)する必要があり、登記所にて検索されれば売掛債権を譲渡した事が知られて強います。しかし、そんな事をする企業は皆無と考えてよいでしょう)

 

■ファクタリングの審査対象は売掛先企業

売掛債権を担保にお金を融資してもらう場合、融資を依頼した企業の信用情報が重要視され、その難易度も比較的高いと言われています。
一方のファクタリングの審査で重要視されるのは「売掛先」となります。
ファクタリングは売掛債権の譲渡ですので、売掛先からちゃんと債権を回収できるかが重要となってくるのです。

その為、利用者側の企業が銀行では融資を受けられない状態だとしても、売掛先の信用度を高ければ、十分に資金調達が可能という事になります。