ファクタリングによる無借金経営のメリットとは? | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングによる無借金経営のメリットとは?

       

企業の資金調達のメインとなるのは融資です。
銀行融資であるとかノンバンクのビジネスローンを利用している方も多いでしょう。日本政策金融公庫の融資制度を利用している方も多いのではありませんか?

いっぽうで近年増えてきているのがファクタリングです。
ファクタリングは売掛期の売却なので融資とは異なります。よってファクタリングを中心とした資金調達を行っていれば、無借金経営ができる可能性も。

こちらではファクタリングによる無借金経営のメリットについてお伝えします。
借金がない経営とはどのようなものなのでしょうか?

ファクタリングによる無借金経営のメリットその1|返済金を用意しないでOK

融資による資金調達を実施すると、毎月返済金を用意しなければなりません。
要は会社から出ていくお金が増えてしまうことになるのです。返済金が発生することで、かえって資金繰りが悪化することになる可能性も・・・。

結果として返済をするための借金を更にするなど、自転車操業的になってしまう企業も少なくありません。

融資による資金調達を行うのであれば、必ず返済シミュレーションを行わなければなりません。返済できる金額以上に借り入れを行うことは避けましょう。

ちなみに日本政策金融公庫の融資制度の利用であれば、半年から1年程度ですが金利のみの支払いで対応してもらえますよ。いわゆる据置期間というものが設定されるのです。

ではファクタリングですが、こちらは一切返済金が発生しません。
売掛金を期日に受け取る権利を売却するのがファクタリングです。売掛金を受け取る事はできませんが、そのかわりに返済金も一切ありません。

返済金を毎月用意する、といったことをしなくてよいのもファクタリングによる無借金生活の大きなメリットの一つです。

ファクタリングによる無借金経営のメリットその2|負債額が増えない

融資による資金調達を行った場合には、貸借対照表の負債額が増えることになります。
1年以内に返済するものは短期借入金となり、1年以上に返済日がやってくるものは長期借入金となります。

要は融資を受けると負債が増える、ということです。

「負債が増えることくらい大丈夫なんじゃないの?」

たしかにこれから借り入れをする予定がなければ、負債が増えたとしても問題はないかもしれません。返済が進めば徐々に減っていくものですからね。

でも今後も融資による資金調達を行う場合には、負債が増えたことがネックになることも。
負債が多いということは、今後会社から出ていくお金も多い、ということになります。資金繰りが悪化する可能性があるわけ。
会社としての評価を下げられる原因になってしまうこともありますよ。

一方でファクタリング利用時はどうなるのでしょうか?
ファクタリングは売掛金の売却なので、資産項目にある売掛金が減ることになります。要は負債には一切影響を与えません。

ファクタリングであれは会社としての評価を下げることなく資金調達ができるのです。

ファクタリングによる無借金経営のメリットその3|早急な資金調達ができる

ファクタリングによる無借金経営を行うことで、資金が必要なときにすぐに調達できるようになります。
そもそもファクタリングは最短即日調達に対応しています。申し込んだその日に振り込んでもらえることもあるのです。

無借金経営を行っている企業は資金力に乏しいことも少なくありません。支払いが重なるとすぐに資金難になってしまうのです。

そんなときに大活躍するのがファクタリング。
申し込みを行ってから60分や120分程度で対応してもらえることも。

ただし数千万円など金額が高くなると、さすがに即日対応してもらえません。数百万円程度なら大丈夫ですよ。