whats

ファクタリングとABL

       

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違い

数年前まで、銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けるためには土地や建物を担保にすることが一般的でしたが、そうなると担保にする不動産を持っていない企業や個人事業主の方は融資を受ける事ができません。担保にすることができる不動産などの資産が無く融資を受けたいという場合には、ファクタリングもしくは売掛債権担保融資(ABL)を活用する方法があります。
売掛金(売掛債権)を活用して資金調達するという点では同じですが、細かく見ていくと異なるところがいくつかでてきます。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資は、不動産等を持たない中小企業を対象にした救済手段として始まりました。
売掛債権担保融資とはその名の通り、売掛債権を担保にして融資を受ける資金調達方法になります。銀行やノンバンクを相手方として融資を申し込み、売掛債権を担保として差し出すことで信用力を得て融資を受ける方法になります。
ほとんどの金融機関では、売掛先の信用力および売掛先への通知・承諾が必要となる事が多いようです。
売掛債権担保融資を受けるためには債権譲渡登記を行う必要がありますので、譲渡禁止特約が付帯された売掛債権は担保にする事ができません。大手企業との契約は譲渡禁止特約が付帯されている場合が多く、付帯の有無をあらかじめ確認することが必要になります。
売掛債権担保融資を利用した場合、売掛債権の貸し倒れのリスクは譲渡人(借りた側)が抱えたままとなり、期日までに回収できなかった場合、損失を被るおそれがあります。

ファクタリング

ファクタリングとは、保有している確定した売掛債権を譲渡(売却)して資金化する資金調達方法です。融資を受けるわけではなく、持っている売掛債権を売り渡す形になるため売掛債権担保融資と似ているようで内容は全くの別物になります。一般的には債権を売却するので、売掛先がファクタリング業者に対して支払います。しかし近年では様々なファクタリング方法があり、前述したような売却後に売掛先が直接ファクタリング業者に支払う3社間ファクタリング、売掛金の支払いは今まで通り譲渡人(売掛債権の売主)に支払われてからファクタリング会社に支払う2社間ファクタリングがあります。3社間ファクタリングでは売掛先に通知等をしなければならないため資金繰り状況等が知られてしまいますが、MSFJ株式会社では秘匿性にすぐれた2社間ファクタリングを取り扱っておりますので、売掛先に知られることなくご利用していただくことができます。もちろん3社間ファクタリングも取り扱っております。
ファクタリング会社に相談すると、売掛先の信用調査が入ります。売掛先の経営状況や信用力等によって手数料が計算され、手数料を差し引いた金額が買い取り代金として事業者に支払われます。ファクタリング業者は売り渡された売掛債権の支払日を待ち、回収します。
ファクタリングは売掛債権を売却した時点で自社の取引は完結するため、貸し倒れリスクを回避できます。

MSFJ株式会社では法人様・個人事業主様問わず対応しており、最短即日にて、売掛金額の大きな売掛債権であっても対応する事が可能です。さらに、電子契約を活用することにより対面する事なくスピーディーに契約をすることができます。経営者の方は比較的時間に追われる事が多いと思いますが、急な資金調達が必要になった時など電子契約を活用することにより対面する必要がないのでお仕事をしながらでも契約が可能です。資金調達でファクタリングを検討している方は是非、MSFJ株式会社にご相談ください。

TOPに戻る