whats

ファクタリングと手形割引

       

手形割引とは

手形とは、企業間との信用取引(後払い)において、代金を期日までに支払う約束をした証明書の事を言い、一般的には「約束手形」の事を指しています。

約束手形はあくまで書類であり、支払い期日に約束通り入金されるまで金銭価値は一切ありません。

但し、この約束手形を支払い期日前に銀行に譲渡し、早期に現金へ換金する事はできます。

この仕組みを「手形割引」と言います。

 

正確には、約束手形を担保として銀行から融資を受けるという資金調達方法です。

形式上は借入である為、約束手形の支払い日(満期日)までの利息が差し引かれた分の現金が支払われます。

 

手形割引とファクタリングの違いとは

売掛債権を支払い期日前に現金化できるという点は、ファクタリングも手形割引も変わりありません。しかし、取引における内容には明確な違いがあります。

 

・手形割引は「融資」でありファクタリングは「売買」

ファクタリングでは、ファクタリング会社にお客様企業が所有している売掛金を買い取って貰う事で早期の現金化を実現しています。

一方、手形割引は、約束手形を担保として差し出して銀行からお金を貸してもらう事で早期の現金化を実現している為、これは「融資」となります。

会計上、手形割引は「負債」という事になりますので、会社の信用情報に影響を与えますが、債権売買であるファクタリングは負債とはならない為、信用情報に影響を与える事はありません。

 

・貸倒れ時のリスクの違い

手形割引もファクタリングも、売掛先(取引先)から債権を回収すれば、手形割引の場合は銀行へ、ファクタリングの場合はファクタリング会社に回収した分を支払わなくてはいけません。

しかし、売掛先が債権支払い前に倒産してしまった場合、お客様企業は債権が回収できず、お金を支払う事はできなくなってしまいます。

手形割引とファクタリングでは、このような事態に陥ってしまった場合の負担が異なります。

 

まず、手形割引では約束手形を担保としている為、この担保の価値が消えれば、当たり前ですがお客様企業の負担でお金を返済する義務が発生します。

 

一方のファクタリングは、売掛金を売ってしまっている為、仮に売掛先が倒産してしまっても、ファクタリング会社へ売掛金分の金額を支払う義務は発生しません。

 

ファクタリング会社がお客様企業に支払いを請求する権利を「償還請求権」と呼ぶのですが、日本のファクタリング会社で償還請求権を持っているのは稀です。

基本的には「償還請求権無し(ノンリコース)」と考えてよいでしょう。

 

・審査の違い

手形割引は融資である為、もし担保である約束手形が焦げ付いた場合、その分の支払い能力を保有しているか等を重要視されます。

その為、お客様企業に赤字決算や債務超過といった信用情報の傷があれば、銀行に取り合ってもらうのは困難です。

一方、ファクタリングは未払いがあった場合のリスクはファクタリング会社が追う事になる為、売掛先がしっかりと債権を支払うかを重視します。

簡単に言うと、お客様企業の財務状況が悪化してようと、売掛先が信用できる企業であり、さらには継続的な取引も問題なく行えているといった事が証明できれば契約を締結する事が可能です。

 

リスク回避も視野にいれた資金調達ならファクタリング

ファクタリングは、売掛金を売却してしまえば、売掛先が倒産しても、その負担を負う事はありません。審査の通過率も高く、取引も簡単なものなので、リスクマネジメントを考えた資金操りを手っ取り早く行うのであれば、ファクタリングが向いています。

 

コスト面を重視するなら手形割引

手形割引の手数料や利息分と、ファクタリングの手数料を全体的に比較すると、手形割引の方がコストは低いです。ファクタリングにおける一般的な取引方法「2社間ファクタリング」では、更に手数料のコストがかさみます。

その為、リスクマネジメントよりもコスト面を重要視したいという場合は、手形割引が向いています。