whats

ファクタリングが建設業に向いている理由

       

弊社には数多くの建設事業者様からお問い合わせ頂きます。建設業の資金調達にはファクタリングが向いております。ここではその理由について書かせて頂きます。

建設業界のキャッシュフローは難しい

建設業界は比較的景気が良く、黒字の会社も多いと思います。ですが、黒字でも倒産や閉業してしまう会社は少なくはありません。
その理由はキャッシュフローが難しいからです。なぜかというと、売上が上がっても入金までに時間がかかり入金までの期間に資金ショートしてしまう可能性があります。
たとえば、3月に施工完了した場合、入金が4月末になってしまうケースが殆どです。入金が4月末なのにスタッフへの給料支払いは4月10日や25日です。
お分かりのように、仕事をした案件の入金がある前にその案件の支払いをしないといけないケースが多いです。
スタッフへの給料を入金後にしようにも、給料日が遅くなると人も集まりません。
建設業に限らず日本は人材難なのです。
少しでも条件が悪いと働いてくれません。仮に働いてくれたとしても、不満があれば転職してしまいます。
このように、人材の問題もありキャッシュフローが安定しないのが建設業界の問題です。

売掛債権の早期資金がファクタリング

建設業界に限って言えることではありませんが、ファクタリングとは、売掛債権の早期現金化です。
元請けから入金される金額を早期現金化できます。
4月末に500万円の入金がある場合、4月頭にはこの500万円が資金化されます。
前項で書いたようにキャッシュフローが難しい建設業界だからこそファクタリングを利用される事業者様が多いです。

弊社は建設業界のお客様が非常に多いです。

弊社、ファクタリングサービスは数多くの建設事業者様にご利用いただいております。
もっとも、多い業界と言っても過言ではありません。日々、建設業のお客様からお問い合わせを頂いております。

建設業界でのファクタリング利用者の声

・福岡で建設業を営んでるA社長
知り合いの社長にファクタリングというものを聞き、MSFJさんと取引することになりました。
MSFJさんは建設業界のお客様がたくさんおられるということでしたので業界のこともよくご存知でいろいろ話が早かったです。
ファクタリング以外でも経営のことについてアドバイスもしてもらいました。
今回、ファクタリングをおこなったことにより資金に余裕ができ、経営が楽になりました。
ありがとうございます。

建設業界で資金にお困りの事業者様は是非弊社にお問合せください。
MSFJがお役に立てると思います。

TOPに戻る