ビジネスローンとファクタリング | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ビジネスローンとファクタリング

       

資金調達をするにしても一定のコストが発生します。100万円の資金調達を行うにしても結果として100万円以上のお金を返済しなければならないこともあるわけです。ファクタリングも同様です。

ファクタリングの場合は手数料が発生します。本来の売掛金額から一定額を差し引かれた状態での資金調達になってしまうわけです。

こちらでは企業の多くが利用しているビジネスローンとファクタリングの資金調達コストについてお伝えします。

どちらのほうがより高いコストが発生するのでしょうか?どちらのほうがコスト的にはお得なのでしょうか?

ファクタリングを利用しようか、それともビジネスローンを利用しようか迷っている方は必見です。

 

まずはファクタリングとビジネスローンを理解しよう

・ファクタリングとは?

ファクタリングは売掛金を売却することによって資金調達を行うことを指しています。

利息が発生するわけではありません。融資ではない、といった特徴があるので手数料が発生することになるわけです。

・ビジネスローンとは?

ビジネスローンに関しては無担保型のローンを指しています。

様々なタイプのビジネスローンがあり、利用者としては選択肢が多い、といったメリットもあります。

例えば銀行が行っているビジネスローンもあります。消費者金融が行っているビジネスローンもあれば、ビジネスローンを専門で取り扱っている業者もあるわけです。各業者によって発生するコストも大きく異なってくる、という点は覚えておきましょう。

 

ファクタリングの資金調達コストを調べてみた

・数%から30%程度の手数料がかかってくる

ファクタリングの場合は、取り引き方法によって資金調達コストが大きく異なってきます。コストが低く済むこともあれば、高額のコストが発生もあるので注意しなければなりません・

すこしでも資金調達コストを引き下げたいのであれば3社間取引を利用しましょう。3社間取引であれば、数%程度の手数料で済むケースも珍しいわけではありません。

一方で2社間取引に関しては手数料率が10%から30%に跳ね上がってしまうわけです。大きな負担になることもあります。

 

ビジネスローンの資金調達コストを調べてみた

・年利10%から15%程度

銀行のビジネスローンであれば年利5%未満で利用できるケースが多くなっています。しかし好条件であればあるほど審査難易度は高くなってくるものなので、利用は簡単ではありません。

年利10%から15%というのはノンバンクのビジネスローンの資金調達コストを指しています。ノンバンクであれば、それほど審査難易度は高くありません。多くの会社が利用できるわけです。

ビジネスローンはファクタリングとは異なり融資となります。よって利用機関に手数料が発生することになってしまうわけです。長期間利用すればするほどコストは高まるので注意しましょう。短期間で返済を終えてしまったほうがコストは少く済む、という事になるわけです。

 

ファクタリングとビジネスローンの資金調達コスト|どっちがお得なの?

・利用期間による

・短期間利用であればビジネスローンがオトクである

・長期間利用であればファクタリングがオトクである

ファクタリングは短期間で手数料が発生することになります。よって短期間で10%や20%といった手数料を支払わなければなりません。一方でビジネスローンは年間で10%や15%の手数料が発生するわけです。短期間で発生するファクタリングのほうが手数料的な負担は感じることになります。

一方でビジネスローンの中には返済期間が5年間や10年間となるものもあります。場合によってはビジネスローンの方が高額の資金調達コストが発生する可能性もあるわけです。

一概にどちらの資金調達コストのほうがお得、ということは言えないのです。